もしタイヤがパンクしたら・・・携帯ポンプ(空気入れ)は必需品! - クロスバイク初心者ナビ -

自転車・クロスバイク初心者ナビ クロスバイク自転車生活・あれこれ情報・経験談・体験談
 
 

もしタイヤがパンクしたら・・・携帯ポンプ(空気入れ)を買いました!

 ■ いろいろ必要なアイテムのうちのひとつかもしれない

 

タイヤの細いクロスバイク。
購入から3週間ほどの時期、700×28Cだったクロスバイクのタイヤを23Cに換装したクロスバイク初心者ナビの主人公。
数時間もかかったはじめてのタイヤ交換も、20~30分でできるようになり、乗り心地や速度感がわかるようになったと同時に、メンテナンス要領もレベルアップしていきます。

 

クロスバイクって何??から始まったクロスバイク生活が進むにつれ、少しずつですが、経験に基づいた想像力も増していきます。
チューブの入れ替えもできるようになったけど、、、遠くまで行ってパンクしたらコレ、、どーにもならないよね!?

うむむ・・・ まだまだ「出費」との戦い感は否めない購入1か月以内なのですが、必要に感じたものは買わなくてはいけません・・・。

 
 
一般道路の自転車旅
二条城 世界遺産 国宝

クロスバイク自転車旅 行き先探し近畿地方京都府世界遺産国宝二条城

「古都京都の文化財」として世界遺産登録されている国宝・二条城の入口。徳川家康がいた時代も現役、300年続いた江戸幕府のラストエンペラーとなった徳川慶喜の大政奉還もこの二条城で行われた日本の歴史が変わった場所。京都と自転車は相性が良い♪


     

もしタイヤがパンクしたら・・・どーしましょ!?

 ■ 出掛けた先でパンクした時の対策を練らねば!

 

ママチャリと異なり、高圧タイヤであるクロスバイクの多くは「フレンチバルブ」と呼ばれる仏式のバルブチューブのタイヤ。

 

ノーマルクロスバイクで標準採用されている700×28Cのタイヤにせよ、700×23Cに変更したにせよ、出先でタイヤに空気を入れる必要が出てきた時、ママチャリで使われている「英式バルブ」は街の自転車屋さんや、最悪、一般家庭・民家で借りることができたとしても、クロスバイクやロードバイクのタイヤの「高圧注入」+「フレンチバルブ」の「空気入れ」は一般的にありふれていません。
出先(民家やママチャリ自転車屋さん)で借りることができる『幸運』には恵まれることは少ないでしょう。

 

遠くまで走ってみたはいいけど、「思いがけずパンクしてしまった」。
クロスバイクの高圧タイヤは『万が一』でも『不幸にも』でもなく『パンク』します。

クロスバイクのタイヤは「パンクしやすい」わけではありませんが、年に数回空気が抜ける程度のママチャリ感覚からすると、『こうなるとは思わなかった』と本当にパンクをして出先で途方に暮れる状況も(ママチャリ感覚からすれば)しばしば遭遇します。

 

・・・そう、携帯ポンプと予備チューブを持ち歩かなければ、いつでも不安でいっぱいなのです。

 
700x18-28Cチューブ 15SV 2個セット
700x18-28C 仏式40mm 15SV
700×18-28C 仏式60mm 15SVEL
R'AIR 700x18~23C 32mm
R'AIR 700x18~23C ロングバルブ 60mm
  700サイズタイヤのチューブを直接検索 >>
     

そうだ!ポンプを携帯しよう!どんな空気入れがあるのだろう?

 ■ 1本あればいいものって、買い替える機会もないのだ

 

自転車初心者にとって、携帯ポンプって実はあまりなじみがないものですよね。

そんなこんなで、クロスバイク初心者ナビの主人公さん、フロアポンプを買う時の注意点くらいは進歩しているのですが、やっぱりよく知りません。またまた調べてみました。

   

円筒タイプの携帯ポンプ  -----

 

☆ 細長い筒型の空気入れで、クロスバイクやロードバイクに車載(フレームに固定して常時持ち運び)できる一般的なタイプのエアーポンプ。手のひらサイズの携帯ポンプから、30センチ定規のようなサイズのエアーポンプもありますが、基本的に縮めたり伸ばしたりシュポシュポすることによってエアーを送り込むことができる携帯ポンプです。

 

なお、ロードバイクやクロスバイクのタイヤの空気圧は「 8 bar 」前後になります。
携帯ポンプの表記でよく使われているのが「 120 psi 」などの【PSI】という単位が多く見られ、「MAX(=最大で)」という表現がされていることが多いので、余裕のある性能を持っている携帯ポンプを持ち歩いた方が良いでしょう。

 

参考までに・・・

1 bar = 14.504 psi 】 ということのようですので、【 120psiは、8.27bar 】です。
これはつまり、最大120psiまでの携帯ポンプであれば、むちゃくちゃ力を込めてやっと入れられる最大の空気(圧)は「8.27bar」までということです。

 

ちなみにMTB用の携帯ポンプは90psi(6.2bar)前後のアイテムが「MTB用」として販売されていました。
エアーポンプは トピーク(TOPEAK)レザイン(LYZYNE) という2社が自転車ポンプの有名なメーカーです。

 
↓空気圧上限:8.5気圧 ↓空気圧上限:120 psi ↓空気圧上限:120psi ↓空気圧上限:160psi ↓空気圧上限:160psi
ディズナ フルートポンプ
レザイン SPORT DRIVE HP
レザイン PRESSURE DRIVE
トピーク MiniRocket iGlow
トピーク Micro Rocket ALT MasterBlaster

※ 自分で探す人のための参考情報 ⇒ 1 バール (bar) = 100 キロパスカル (kPa) = 100000 Pa(十万パスカル)
つまり、最大許容充墳可気圧(kpa)が700(kPa) と記載があれば7バール(bar)までしか入らない・・・ということです。
1 psi ≒ 6894.76 Pa・・・100psi は 68kPa であり、7bar 未満の最大充填能力という事 ⇒ 120psi ≒ 8.2bar・160psi ≒ 10.8bar。

トピークの携帯ポンプを直接検索 >> レザインの携帯ポンプを直接検索 >>
楽天市場でフレームポンプを直接検索 >> アマゾンでフレームポンプを直接検索 >>
 

高圧が必要なクロスバイクのタイヤにシュポシュポと空気を送る込むのはけっこう大変です。
長さが長いほどストロークが長いので一度に送り込める空気の量は多く、作業的には楽な分、携帯性は悪くなります。

 

その場合、「作業的に(ポンピング回数的に)」ラクと書きましたが、ポンプの空気注入性能は商品によって全く異なり、長いポンプでも相当な筋力(力)が必要なものがありますので、「ラク(楽)」の意味に注意してください。

 

円筒型の携帯ポンプはフレームに沿って車載できる場合が多いので車載性はよく、一番荷物になることのないポピュラーなエアーポンプです。

   

モーフタイプの携帯ポンプ  -----

 

トピーク(TOPEK)という自転車用品メーカーが「モーフ(MORPH)」という商標でフロアーポンプのように体重をかけてポンピングすることができる携帯ポンプサイズのエアーポンプを発売しています。

 

円筒タイプでは胸筋を鍛えるような動作で両腕の力だけで延々と空気を送らなくてはならなかった携帯ポンプの弱点を、モーフシリーズでは「ホース」や「取っ手」部分と「底」を付け、地面に置いて体重をかけてポンピングできるタイプを開発しました。

ジャンル説明の便宜上「モーフタイプ」や「ミニフロアポンプ」と呼称しておきます。

 
サイクリング 用品 グッズ
GIYO ゲージ付 マイクロフロアポンプ GM-821
GIYO マイクロフロアポンプ GIY-O71
パナレーサー ミニフロアポンプ BFP-AMAS1
パナレーサー ミニフロアポンプ BMP-N21AGF-S ゲージ付
DRC C302 ミニフロアポンプ
トピーク
メガモーフ
トピーク
ターボモーフG
トピーク
ロードモーフG
トピーク
ロードモーフ
トピーク
ミニモーフ
楽天市場でミニフロアポンプを直接検索 >> アマゾンでミニフロアポンプを直接検索 >>
楽天市場でトピークのモーフシリーズを直接検索 >> アマゾンでトピークのモーフシリーズを直接検索 >>
 

円筒タイプより大型で、携帯性は落ちるので常時フレームに装着するのは少し疑問ですが、フロアポンプと同じように使うことができるので、フロアポンプ未購入の方は家でのメンテナンス&携帯エアーポンプの兼用モノとしての購入もアリです。

 
     

CO2カートリッジ式自動注入タイプの携帯ポンプ(インフレーター)  -----

 

☆ 人力でシュポシュポと空気注入するのではなく、CO2ボンベに圧縮されている空気を片手+数秒で注入することができます。

有限のミニサイズのエアーコンプレッサーみたいな感覚なので、とても利便性はありますが、ボンベは使い切りなので、空気を使い切ったらカートリッジを入れ替えて使用することになり、予備のカートリッジを余分に持っておく必要もあるかもしれません。

 
エスケーエス エアガン コンパクトポンプ
エスケーエス AIR CHAMP PRO
バルビエリ 携帯ポンプ ジェット・セット
トピーク エアーブースターレースポッド
レザイン ALLOY DRIVE CFH 携帯ポンプ
トピーク マイクロ エアーブースター
ルフト LF-0108 CO2インフレーター
トピーク ミニカートリッジインフレーター
トピーク CO2 カートリッジ 5本セット 16g ネジ付
トピーク CO2 カートリッジ 2本セット 16g ネジ付
楽天市場でCO2インフレーターを直接検索 >> アマゾンでCO2インフレーターを直接検索 >>
 

◎ 専用のカートリッジ代=「空気代」がかかるとも言え、出先でカートリッジを使い切ってしまうとあとは荷物になってしまうだけなので、これからずっと持ち続ける初心者が最初に買うモノとしてはあまりおすすめしません。

 
     

エアーゲージ付きの携帯ポンプを買うか悩む・・・・・

 ■ 直接価格に響くエアーゲージの有無

 

☆☆☆ その他に必ず気になる機能 ☆☆☆


● エアーゲージ・インラインゲージ付

 

エアーポンプの中にはどのくらいの空気圧が入れたかがわかる「エアーゲージ付き」の携帯ポンプがあるものと無いものがあります。
さてさて、ここはけっこう悩みどころです。

 

と、言うのも、ゲージの有るモデルと無いモデルで携帯ポンプの価格が違うワケでして、「日常的に使うものではない緊急用のポンプ」に対しては「できるだけ費用をかけたくない・・・」というのが初心者心理ですよね~?

そこで例によって悩むわけですが、、、初心者ナビの主人公は「エアーゲージのある円筒タイプ」をチョイスしています。

 

☆ クロスバイク初心者にはゲージ付きの携帯空気入れをおすすめ
自転車初心者の人にはやっぱり「空気圧の目安がわかるエアーポンプ」の方が安心できる買い物だと思います。
どのくらい入れたらいいかわからない、どれくらい入っているのかわからない・・・
「経験」の少ない初心者にとっては、こういうのはあるモノをチョイスした方がいいでしょう。

 

☆ 逆にエアーゲージが付いていない携帯ポンプが気になる人を応援するとすれば・・・
「携帯ポンプ」は出先でのチューブ交換のためのいわゆる「緊急用」なので、正確な空気圧でセッティングする必要って、ないんですよね。自宅やちゃんと空気を入れられるところまで乗っていければいい。

 

たとえ6気圧でも、乗車してパンクしない空気圧まで入ったら必要な場所まで「乗っていけさえすればいい」ワケで、そう考えたら緊急用のエアーポンプでちゃんとエアーゲージで空気圧を量る必要はないので、ゲージがなくても買い直す必要はないでしょう。
また、下のような「ゲージ」だけの空気圧チェック用の小物もありますので、必要な方は検討してみてください。

 
パナレーサー デュアルヘッドデジタルエアーゲージ
トピーク スマートゲージD2
ミシュラン エアーゲージ
GIYO GG-06 デュアル フェイス エアーゲージ
サイクルプロ GG-05CP 米仏兼用エアーゲージ
楽天市場でタイヤゲージを直接検索 >> アマゾンでタイヤゲージを直接検索 >>
 

中級者くらいになると乗った時のペダリングと速度の関連性や路面の凹凸の拾い方の感覚で、経験上タイヤの空気圧が6気圧か8気圧かだいたいわかるようになるので、パンクしやすい低圧に気付かないで速度を出す事はそんなにありません。

 

あくまで初心者の人は、クロスバイクにまたがった時のタイヤの潰れ具合等の許容範囲もわからない⇒ゲージで見ながら「ある程度」を経験していった方がいいと思いますので、迷ったら頑張って「ゲージ付き携帯ポンプ」の中から買う物を選んでGETすることをおすすめします。

 
     

携帯空気入れ・・・必要な時に無いとカナリ悲惨です

 ■ ホイールゴロゴロで何キロ押して歩くのだろう・・・

 

携帯ポンプをケチって買わずに出先でパンクした場合の事を考えてみましょう。
タイヤは潰れ、ホイールのリム部分が直接地面に接しながらクロスバイクをひたすら押して歩く・・・。
クロスバイクで10分走った距離を自転車を押しながら歩くと、きっとたっぷり1時間はかかるでしょう。

 

町の自転車修理屋さんに仏式の空気入れがあれば、パッチを当ててパンク修理してもらった後に復活することもできるかもしれませんが、期待はできなさそうです。 クロスバイクやロードバイクもよく見かけるようになったので、趣味を同じくする通行サイクリストに声をかけて貸してもらうのもいいと思います。

 

・・・と、いうことで、早かれ遅かれ「買う必要・持っている必要」は感じるようになると思うので、未購入の初心者さんは時期を見て検討していきましょう。

 

◆ 定番パーツや消耗品は何年待ってもほとんど価格は変わりません。
普段利用する使いやすいネットショップや、価格や送料など比較・検討して、早い時期から思い切って導入し、その後の乗り心地の良い状態を長く楽しんでいく方が、考えて悩んで買わない時間より有意義なクロスバイク生活になるでしょう。

 
 
一般道路の自転車旅
睡蓮沼 八甲田山

クロスバイク自転車旅 行き先探し東北地方青森県八甲田山睡蓮沼

百名山の八甲田山は単独の山ではなく総称で、北部と南部の中間には湿地帯があります。青森市内から奥入瀬渓流へつながる国道103号線沿いにある睡蓮沼は北部八甲田山を背景に眺望が良い写真スポット♪新青森駅から37km。自転車をどんどん使おう♪


 
趣味 道具 日用雑貨
クロスバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム
Nikon D810 ボディ
Nikon D750 ボディ
Canon EOS 5D Mark III ボディ
Canon EOS 6Dボディ
OLYMPUS PEN Lite E-PL6 EZレンズキット
Amazonベーシック デジタル一眼レフ用バック L
Amazonベーシック デジタル一眼レフ用バック M
Amazonベーシック デジタル一眼レフ/ラップトップ用 バックパック
Amazonベーシック デジタル一眼レフカメラ用バック
Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグ
クロスバイク初心者ナビ

クロスバイク初心者ナビ


クロスバイクナビ メニュー


自転車ライフ 経験談・体験談

雨の日ののんびりネタ
~ 自転車女子編 ~
 
自転車女子はじめました
 
 
自転車で健康にやせる方法
 
 
自転車でカラダとココロのシェイプアップ
 
日常×クロスバイク生活
使えるアウトドア用品
 
イーグルツーリングドームIINE165
 
 
ジェントス エクスプローラー EX-757MS
 
 
Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池
 
 
HGL ウェットスーツ素材 防寒グローブ
 
デスクトップ的リンク
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
あれば嬉しいお気に入り

自転車メーカー公式サイト

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトのベース車体はクロスバイク・GIANT ESCAPE R2。ジャイアントの現行車種であるエスケープRXシリーズの源流となる車体です。 クロスバイク初心者ナビでは全くの自転車素人・初心者の目線でクロスバイクを解説していきます。
初心者ナビの「クロスバイク」
クロスバイク初心者ナビの「クロスバイク」の焦点の当て方は、「スピードバイク(ロード寄り)系のクロスバイク」を対象としたサイト構成となっており、「サス系クロスバイク・タイヤの太い(マウンテンバイク寄り)クロスバイク」の車種説明等されていない場合があります。
サイクリング生活 advanced
サイクルコンピューター
 
キャットアイ ステルス50 [CC-GL50]
 
 
キャットアイ ステルス10 [CC-GL10]
 
 
キャットアイ ストラーダ スマート [CC-RD500B]
 
 
キャットアイ パドレーネ [CC-PA100W]
 
sponsored link
海外旅行を楽しもう♪
★ツアー特別割引★Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー

キャンプを楽しもう♪
コールマン特集
趣味=あるからしたい

  メッセージ
クロスバイク 初心者 経験談 ブログ

 ■ クロスバイク初心者あれこれ体験&必要アイテム

クロスバイク初心者ナビ TOP
クロスバイク初心者あれこれ体験&必要アイテム INDEX
自分が乗りたいクロスバイクを絞り込む!クロスバイクの選び方 ←一台一台記憶に残すことから始めよう
ある初心者がクロスバイク(エスケープR2)を決めた理由 ←迷える初心者の背中、押しちゃいます。
クロスバイクと一緒に買ったもの・他にかかる費用 ←車体本体だけの出費ではありません。
お尻が痛い!!~その1~ ジェル入りサドルカバーを買ってみた ←お尻の痛みの解消策を模索する
お尻が痛い!!~その2~ エスケープR2・R1サドルの秘密 ←サドルの形状を変えて快適自転車ライフ
やっぱり必要なクロスバイク用空気入れポンプ ←車体購入から1週間以内に買うことになります。
手が疲れる~~!クロスバイクにバーエンドバーをつけるぞ! ←実は不自然だったクロスバイクのハンドル保持姿勢
はじめてのスポーツ自転車・クロスバイクに慣れるまでの道のり ←クロスバイク未体験の人のための乗車に関する不安解消情報
明るい尾灯はお早めに!本当に欲しくなるLEDテールライト ←夜道が怖い!尾灯チカチカLEDランプの定番レビュー
クロスバイクに乗りやすい服装(ズボン編) ←走り続けたくなる自転車だからこそ気になるズボンの参考話
28⇒23Cタイヤへの交換!~自転車タイヤ交換決意編~ ←買ったばかりのクロスバイク、タイヤを細くしたらダメ?
28⇒23Cタイヤへの交換!~自転車タイヤ交換感想編~ ←23C化は大正解!デメリットとの初めてのタイヤ選び
痩せたい人必読!クロスバイクでダイエット! ←「減量・ダイエット・痩せる方法」の理論・身体のメカニズム
初心者向けクロスバイクの効率的なペダリングのコツ ←高いギアでも低いギアでも疲れるので丁度良いペースを探る
クロスバイクで走る時のインナー&アウター(肌着と上着編) ←普段着系インナーやアウターについて考えよう
もしタイヤがパンクしたら・・・携帯ポンプ(空気入れ)は必需品! ←長距離走行の先でパンクをしたら途方に暮れちゃう!
クロスバイクのスピードメーター?サイクルコンピューター ←何キロ走ったか知りたい!ワイヤレスサイクルコンピューター
フレームサイズの選択ミス!~ハンドルステム交換決意編~ ←レームサイズ、合ってなかった!?ステム交換で対処
ステムを変えたらどうなった!? ~ステムの種類・選び方・交換感想編~ ←こんなに乗りやすくなるとは思わなかった!
路面をしっかり照らすクロスバイクに最適なLEDヘッドライト ←ヘッドライトを長時間点灯可能で強力な物に交換
クロスバイクにカゴは無い!サイクリング用のバッグを探そう! ←クロスバイクに便利なサイクリングバッグはどれだろう?
クロスバイクを漕ぎやすい“日常系”サイクリングシューズを探そう!(靴編) ←クロスバイクで走るシューズを考える
新たなる“翼”を手に入れよう! クロスバイク輪行プロジェクト ←輪行?クロスバイク用の輪行袋・輪行バッグの選び方
サドルバッグでクロスバイクをドレスアップしよう ←クロスバイクに携行する予備チューブを収納できるカラフルサドルバッグ
クロスバイク(自転車パーツ)が盗まれた時の通報&やるべき事 ←クロスバイク・ロードバイクを盗まれた人を応援します
クロスバイクに履かせる700×23Cタイヤ&チューブ比較 ←誰もが知りたいタイヤのインプレッション!
 
街乗り系クロスバイクの肌着&上着 ←  | クロスバイク 初心者 ナビ TOP |  → 楽しさ激増!サイクルコンピューター
 
| TOP | 自転車入門知識 | 初心者クロスバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | クロスバイクアイテム |
 
クロスバイク初心者ナビ クロスバイク初心者ナビ 自転車初心者知識 クロスバイク初心者ナビ クロスバイクメーカー
クロスバイク初心者ナビ 自転車パーツ取り付け クロスバイク初心者ナビ 自転車生活経験談 クロスバイク初心者ナビ 自転車パーツ・アイテム

サイクリングナビ サイクリングナビ サイクリングナビ
サイクリングナビ サイクリングナビ サイクリングナビ