クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法 - クロスバイク初心者ナビ -

自転車・クロスバイク初心者ナビ メンテナンス&改造パーツ取付方法
 
 

クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の外し方を覚えましょう

 ■ パンク修理、タイヤ交換、輪行に欠かせない基本作業

 

クロスバイクやロードレーサーの自転車のタイヤの多くは、前後とも着脱しやすいシステムを採用しています。

それがクイックリリース(Quick release)と呼ばれる方式で、タイヤの真ん中部分、ハブと呼ばれる部分にレバーが付いていて、それをクルクルと回して緩めることによってタイヤをスムーズに外すことが可能です

 
クロスバイクのパンクチューブのパッチあて

クロスバイク・ロードバイクタイヤの交換

 

せっかく高いクロスバイクを買ったのなら、パンク修理タイヤ交換もできる人になりたいところ。

電車内に自転車を持ち込み、旅先でクロスバイクを走らせて移動する輪行」の際にも、前後のタイヤを外して輪行バッグ(輪行袋)に収納しなくては運ぶことができません。

 

初心者ナビでぜひやり方をマスターしてみましょう。

 
 
一般道路の自転車旅
白水湖 大白川ダム 岐阜県

クロスバイク自転車旅 行き先探し中部地方岐阜県白山国立公園大白川ダム白水湖

岐阜県大野郡にあるダム湖・大白川ダム。白山国立公園内の人造湖で湖の名前は「白水湖」。白山の秘境地帯にあり、観光地化はされていない湖で直近に平瀬道登山口(白山室堂へ6.9km)があるロケーション。エメラルドグリーンの湖水が美しい湖です。


   

クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法

 ■ 前輪(フロントタイヤ)の外し方

 

タイヤを外すには、タイヤを抱きかかえているブレーキのパットをフリーにする必要があります。
写真を見て覚えてしまいましょう。

 

クロスバイク(エスケープ)のブレーキワイヤーロックの外し方

クロスバイク(エスケープ)のブレーキワイヤーロックの外し方

 1 ブレーキワイヤーの保護ゴムをずらします。  

タイヤを外す前の前段階として、ブレーキのワイヤーをフリーの状態にして、ブレーキパッドがパカっと開く状態にする必要があります。

左の写真を参考に、前ブレーキのワイヤーの固定を外してしまいましょう。

 

エスケープR2では指などを挟んで怪我をしないようにゴムの保護が付いている部分があるのですが、この下に外れる部分があるので、保護ゴムをずらして作業にかかります。

 

・・・と、説明をすると難しく感じてしまうかもしれませんが、実際に見てみるとすぐに「仕組み」がわかると思います。


クロスバイク(エスケープ)のブレーキワイヤーロックの外し方

クロスバイク(エスケープ)のブレーキワイヤーロックの外し方

2 固定されているワイヤーを外しましょう。

 

多少コツがいるものの、「ああ、こうやって外れるんだ」ということが一度わかれば、二度目からはどこをどうすればよいかすぐにわかるようになります。

 

写真は『左手一本でやってる風』なのですが、右手でカメラを構えつつ『やってる風』に撮っているだけで、作業はワイヤーを引っ張りつつブレーキ間を狭めつつ・・・という具合に両手で行います


クロスバイク(エスケープ)のブレーキワイヤーロックの外し方

クロスバイク(エスケープ)のブレーキワイヤーロックの外し方

3 はい、外すことができました。

 

最終的に左の写真のようにブレーキワイヤーをフリーの状態にします。 怪我をする箇所は特にありません。

 

このようになると、ブレーキレバーを握ってもブレーキパットはホイールを挟んでいないのでタイヤは転がり続ける状態になっています。

 

タイヤ交換などをした後に、ブレーキを元に戻す事を忘れないように走り出さないといけませんね。

手は汚れるのでそのつもりでいましょう。

特に注意点はありません。
引き続き、作業を進めていきましょう。

 
   

クロスバイク・ロードバイクのクイックリリースの使い方

クロスバイク・ロードバイクのクイックリリースの使い方

クロスバイク・ロードバイクのクイックリリースの使い方

4 クイックリリースレバー引き起こしてレバーを回します

 

フロントフォークに沿って倒れているこのレバーを引き起こします。

その後、ネジと同じように反時計回りでグルグル回すと、タイヤの固定を緩めることができます

 

その際、タイヤのハブを貫通しているレバーの対極にある部分も一緒に回ってしまう場合があって、いつまで回しても緩まないと感じることもあるので、一方は固定してクルクルしてください。

 

なお、全部回して取ってしまう必要はありません。
固定されていたタイヤが抜けるだけ「緩める」ことが目的です。

フロントフォークは二股になっていて、くるくる回る「軸」を挟んで固定していた・・・という構造だったのがわかると思います。

クイックリリースレバーは、固くて引き起こすのに力が必要な場合もあります。
これは逆にタイヤを付ける時に、今度は自分で締めつけ具合を調整することができるので、レバーをがっちり掴んで思い切って引き起こしてください。

 

はい、ちょっと休憩^^ 早く乗り出したいですね~♪

CC-VT235W
CC-VT230W
CC-RD310W
CC-PA100W
CC-GL51
HL-EL140
HL-EL151RC
HL-EL461RC
HL-EL471RC
TL-LD710-R
 

それでは作業を再開しましょ♪

 

フロントフォークから外れるクロスバイク(ロードバイク)のタイヤホイール

フロントフォークから外れるクロスバイク(ロードバイク)のタイヤホイール

クロスバイク・ロードバイクのブレーキ部分

5 緩んだら車体を持ち上げてタイヤを外しましょう

 

クイックリリースレバーを回して緩めてしまえば、もうタイヤはいつでも外れます。

いつでも外れてしまう状態にあるので、間違ってこのまま乗ったりしないように気を付けましょう。

ハンドル部分を持ち、フロントフォークを上に持ち上げると、タイヤはフォークから離れます。

 

この時に、最初のブレーキワイヤーを外すのを忘れていると、ブレーキパッドにタイヤが引っ掛かり、タイヤが抜けないのでワイヤーを外しておく必要があったんですね。

写真は芝生の上なので、フロントフォークをそのまま地面に置いていますが、アスファルトの上などで行った時はフォークの先端(「エンド」と呼ばれます)に傷が付かないように注意して作業しましょう。

以上で前輪は問題なく外すことができると思います。
今度は「タイヤの取り付け方法」なのですが、純粋に逆の手順なので、注意点をクローズアップしておきます。

 
     

クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の取り付けのポイント

 ■ 外した時の逆の手順、思い出して覚えましょう

 

フロントフォークに前輪を載せる時に中途半端な格好になってしまうので、腰を痛めないように持ち上げましょう。

クロスバイク・ロードバイクのフロントフォークとタイヤのホイールハブ

1 タイヤにフロントフォークを載せる

 

写真の場所が噛み合わせの場所なので、もし、狭ければリリースレバーを回して緩めて拡げておくと入りやすいです。


クロスバイク・ロードバイクのフロントフォークとタイヤのホイールハブ

2 「ある程度」のところまでクルクル回してタイヤを仮固定

 

いきなり最後まで締めてレバーを倒さずに、最低限ガタつかない程度に回しておいてください。


クロスバイク・ロードバイクのブレーキとタイヤの間隔

クロスバイク・ロードバイクのクイックリリースレバー

3 ハンドルを「まっすぐ」にして、傾けずに締める

 

ここで、ハンドルを車体と並行になるようにまっすぐにして、ブレーキバッドの中心(フォークの中心)にタイヤが来るように確認しながらもう少しレバーを回し込こんで固定状態にもっていきましょう。

 

レバーは引き起こす「仕上げ」上、左下の写真の位置で固定できるように、対極のナットを回して締めつけ具合を調整しておいてください。


クロスバイク・ロードバイクのクイックリリースレバー

クロスバイク・ロードバイクのクイックリリースレバー

4 レバーを倒してタイヤをロックする

 

レバーを倒せばタイヤはしっかりと固定されます。

思いっきり固定する必要はないので、ナット部分で上手く調整しながら、リリースレバーがフロントフォークに沿うように固定しましょう

 

クイックリリースレバーのロック位置がフロントフォークの足に沿わない場所で固定しても問題はありませんが、突起物はなるべく出ない状態で高速走行しましょう。


クロスバイク・ロードバイクのブレーキ・ワイヤー

5 忘れやすいブレーキワイヤーロックの戻し

 

忘れてしまいがちなのですが、最初に外したブレーキワイヤーのロックを忘れてしまうと、ブレーキが効きません。戻すことを忘れないようにしましょう。

なお、タイヤが中心に来ていても、ブレーキパットとタイヤの隙間が均等でない場合があります。 その時はプラスドライバーでブレーキ側を調整することになります。

 
一般道路の自転車旅
龍泉洞 岩泉 地底湖

クロスバイク自転車旅 行き先探し東北地方岩手県日本三大鍾乳洞名水百選龍泉洞

岩手県岩泉にある龍泉洞は巨大な地底湖を持つ洞窟。透明度が高く、水深は100mを越えるものがあり、地底湖に沈められた照明の光により青く輝いて見えます。地底湖の水は洞窟入口で飲むことができる名水百選の水。洞窟内のコウモリ穴は天然記念物。


   

補足:ブレーキパッド位置の修正方法

 ■ ブレーキパットの左右バランス調整はドライバーを使います

 

他の形のブレーキシステムもあるのですが、写真のタイプのブレーキパッドの左右のバランスは小さなネジをドライバーで回すことによって行います。すでにクロスバイクが手元にある人は、メンテナンスがてら、いじって調整してみてください。

 
クロスバイク・ロードバイクのブレーキパッドの調整
クロスバイク・ロードバイクのブレーキパッドの調整ネジ クロスバイク・ロードバイクのブレーキパッドの調整ネジ

■ 銀の六角穴ではなく、黒いネジで調整します

左右の各ブレーキパットの位置の微調整は、写真のように小さく付いている「ネジ」をプラスドライバーで回すことによって行います。タイヤを正面に見ながら締めたり緩めたりして、タイヤとブレーキの隙間が左右同じくらいになるように調整してみましょう。

以上で、前タイヤの着脱方法の解説は終了です。

 

知り合いに自転車のことについて詳しい人がいない時、一緒に勉強してあれこれチャレンジしていきませんか??
やり方さえわかれば、ベテランも初心者もありません。

初心者も気後れせずに高級自転車・クロスバイクでたくさん走り出しましょう。

 
     

結構使える自転車便利用品・アイテム・交換/改造パーツ

 ■ タイヤ・チューブ関連アイテム

 

【おすすめメンテナンスアイテム】

↓シュワルベ ↓シュワルベ ↓シュワルベ ↓パナレーサー ↓パナレーサー
700x18-28Cチューブ 15SV 2個セット
700x18-28C 仏式40mm 15SV
700×18-28C 仏式60mm 15SVEL
R'AIR 700x18~23C 32mm
R'AIR 700x18~23C ロングバルブ 60mm
↓ミシュラン ↓コンチネンタル ↓ビットリア ↓パナレーサー ↓ブリヂストン
リチオン2 LITHION2 700x23C
ウルトラスポーツ2 700×23C
ザフィーロ2 ZAFFIRO2 700×23C
カテゴリー-S2 700×23C
エクステンザ RR2X 700×23C
 
趣味 道具 日用雑貨
クロスバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム
最新キャンプツーリング完全ファイル
バンドック ツーリングテント
キャプテンスタッグ リベロツーリング テント
バックパックドームテント2
アウトドア ワンタッチテント T2-29
Divine LEDs
ポップアップ 2WAY LEDランタン
アウトドア ポップアップランタンプロ
フォルノ封筒型シュラフ800
イワタニ ジュニアバーナー CB-JRB-3
クロスバイク初心者ナビ

クロスバイク初心者ナビ


クロスバイクナビ メニュー


自転車 メンテナンス・改造手順

雨の日ののんびりネタ
~ 購入ガイド編 ~
 
最新クロスバイク購入完全ガイド
 
 
クロスバイクStyle
 
 
自転車完全ガイド
 
日常×クロスバイク生活
クロスバイク基本用品
 
キャットアイ ベロワイヤレスプラス
 
 
キャットアイ VOLT300
 
 
キャットアイ TL-LD155-R
 
 
GIYO 携帯用マイクロフロアポンプ [GM-71]
 
デスクトップ的リンク
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
あれば嬉しいお気に入り

自転車メーカー公式サイト

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトのベース車体はクロスバイク・GIANT ESCAPE R2。ジャイアントの現行車種であるエスケープRXシリーズの源流となる車体です。 クロスバイク初心者ナビでは全くの自転車素人・初心者の目線でクロスバイクを解説していきます。
初心者ナビの「クロスバイク」
クロスバイク初心者ナビの「クロスバイク」の焦点の当て方は、「スピードバイク(ロード寄り)系のクロスバイク」を対象としたサイト構成となっており、「サス系クロスバイク・タイヤの太い(マウンテンバイク寄り)クロスバイク」の車種説明等されていない場合があります。
サイクリング生活 advanced
女性用サイクリングウェア
 
パールイズミ プリントジャージ W7455-BL
 
 
パールイズミ UV ジャージ 女性用 W718
 
 
パールイズミ W7500-BL
 
 
パールイズミ スカート 女性用 W758
 
sponsored link
アウトドアを楽しもう♪
アウトドア&スポーツ ナチュラム
山登りを楽しもう♪
シェラデザインズ特集 アウトドア&スポーツ ナチュラム
キャンプを楽しもう♪
コールマン特集
趣味=あるからしたい

  メッセージ
クロスバイク メンテナンス 改造 やり方 自転車

 ■ 自転車・クロスバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・手順解説

クロスバイク初心者ナビ TOP
自転車クロスバイク初心者もわかる 整備改造メンテナンス方法やり方解説 INDEX
クロスバイクのタイヤのチューブの特徴 ←フレンチバルブ(仏式バルブ)についての写真解説。
フレンチバルブのクロスバイクへの空気の入れ方 ←高圧フロアポンプの使い方&仏式バルブはこんな感じに空気を入れます。
クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法 ←輪行やタイヤ交換・パンク修理の基本準備です。
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の外し方 ←輪行やタイヤ交換・パンク修理の基本準備です。
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の取り付け方 ←輪行やタイヤ交換・パンク修理の基本準備です。
クロスバイクのタイヤ交換の手順 ←ママチャリよりかは痛みやすいので、自分でできれば何キロ旅行も怖くない!
クロスバイクのタイヤチューブ交換方法 ←パンクもタイヤサイズ交換もお手のもの!
携帯ポンプ・携帯エアーポンプ・携帯空気入れの使い方・コツ ←出先のパンクもすぐに対応できるようになりましょう。
おすすめ携帯ポンプ・パナレーサー ミニフロアポンプの使い方とその使用感←応急&緊急的に購入したおすすめヒットアイテム
バーエンドバーの取り付け方法 ←グリップをカッターで「切る」と思っている人、いませんか?
ベトベトになったグリップの交換方法 ←劣化するとベトベトになるグリップ。早めに取り換えて走る事を楽しみましょう♪
ステムの交換方法&角度調整 ←乗ったときにフレームが大きい/小さいと感じた時にサイズの違うステムに交換してみましょう。
サドルの高さ、傾斜の調整・交換方法 ←サドル(=イス)が自分にピッタリだと全然違うサイクリングになります。
キャットアイ ワイヤレスサイクルコンピュータ(サイコン)の取り付け方 ←自転車用の速度計。総走行距離をずっと記録。
キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトの取り付け方 ←キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトHL-EL520の装着例
クロスバイクのテールランプの取り付け方法 ←基本的に車の走る「車道」を走るので、LEDの尾灯で存在をアピール!
クロスバイクのハンドルの高さを変える方法 ←ステムの角度より大きくハンドル自体の高さが変えられます。
輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを入れる事前準備 ~ エンド金具編 ~ ←エンド金具の必要性と取り付け方解説。
輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを入れる事前準備 ~ チェーンカバー編 ~ ←チェーンカバーは有った方が良い。
輪行できるクロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 収納前編 ~ ←スムーズ輪行の手順解説
クロスバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説編 ~ ←輪行バッグ収納手順
輪行バッグ オーストリッチ L-100 しまい方編 ~ ← 超軽量輪行バッグ(輪行袋)L-100 しまい方手順解説
 
フレンチバルブタイヤの空気の入れ方 ←  | クロスバイク 初心者 ナビ TOP |  → クロスバイクのリアタイヤの外し方
 
| TOP | 自転車入門知識 | 初心者クロスバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | クロスバイクアイテム |
 
クロスバイク初心者ナビ クロスバイク初心者ナビ 自転車初心者知識 クロスバイク初心者ナビ クロスバイクメーカー
クロスバイク初心者ナビ 自転車パーツ取り付け クロスバイク初心者ナビ 自転車生活経験談 クロスバイク初心者ナビ 自転車パーツ・アイテム

サイクリングナビ サイクリングナビ サイクリングナビ
サイクリングナビ サイクリングナビ サイクリングナビ