輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを入れる事前準備 ~ エンド金具編 ~

自転車・クロスバイク初心者ナビ メンテナンス&改造パーツ取付方法
 
 

輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを入れる事前準備 ~ エンド金具編 ~

 ■ 輪行バッグ(輪行袋)だけの注文でいいんだろうか?

 

『電車で降りた先からクロスバイクで走れたらいいなぁ~~』
そういう想いから 「輪行」について調べ始めたクロスバイク初心者ナビの主人公 さん。

 

でも、どの輪行バッグ(輪行袋)に自分のクロスバイクが入るのか、そして、取り寄せるモノは輪行バッグ(輪行袋)だけで良いのか・・・またまたたくさん情報収集した結果、プラスα、輪行に必要な気になるものを購入しました。

 

輪行前の準備として、輪行バッグ(輪行袋)に入れるために必要なモノ。
輪行袋 (輪行バッグ)』と一緒に 『 エンド金具 (リア側)』 と 『 チェーンカバー 』 を同時購入しました。

エンド金具については、輪行バッグ(輪行袋)同様、クロスバイクに合うのはどれなのか?そもそも買う必要はあるのか?
そんなことから調べる必要があるアイテムなので、興味があってこちらのページを訪れた方にとっては、調べる行程を省略できてしまいますね。

 

輪行前の準備としての、エンド金具の使い方をお送りします。

 
 
一般道路の自転車旅
潮吹崎 山陰海岸国立公園 山陰海岸ジオパーク

クロスバイク自転車旅 行き先探し近畿地方兵庫県山陰海岸国立公園山陰海岸ジオパーク潮吹崎

鳥取、兵庫、京都にまたがる山陰海岸国立公園は日本海の水の美しさが際立つ地域。写真は鳥取県に隣接した兵庫県美方郡新温泉町にある「居組海岸と潮吹崎(陸上岬)」のあるエリアで、丘陵状の岬が潮吹崎(陸上岬)と呼ばれています。


     

エンド金具って何ですか?買わなきゃ輪行できないの??

 ■ 地面と接する先端部分を固定するエンド金具はフレームとディレイラーのプロテクター

 
クロスバイクのエンド金具

左の写真が「エンド金具」と呼ばれるアイテムで、正式名称は・・・・「エンド金具」です。^^

 

こちらのアイテムは「リア(後輪)」用で、タイヤの外されたフレームを固定して、衝撃からの変形や破損から守るプロテクトアイテム


「輪行」や「輪行バッグ(輪行袋)」に入れる時はもちろんのこと、後輪を外して何かの作業をしようとする時に、活用できるベターなアイテムです。「輪行バッグ(輪行袋)」に入れる時に必要かどうか? 下の写真を見てください。

 
クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋)&エンド金具 クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋)&エンド金具
 

輪行バッグ(輪行袋)ですが、最終的に写真のような形で袋の中に収まります。

輪行バッグ(輪行袋)の内部には車体を置く場所が描かれていて、そのイラストにも別売りにもかかわらず、エンド金具を使用した状態のイラストが描かれていました

 

輪行バッグ(輪行袋)の中には、車体を逆さにした状態で納める場合が多いので、地面に直接重量がかかる部分であり、袋の中で移動中にどんな状態になってしまうかわからない輪行なので、高価なクロスバイクのフレームやディレイラー(変速機)を保護するためにも購入しておくべきパーツです。フロント(前輪)側のエンド金具もありますが、とりあえず後輪はあった方がいいでしょう。

 
↓価格調査↓
エンド金具 フロント
↓価格調査↓
エンド金具 リア
↓価格調査↓
フォークホルダー
↓価格調査↓
リアエンドホルダー
↓価格調査↓
チェーンマスター
楽天市場でエンド金具を直接検索 >> アマゾンでエンド金具を直接検索 >>
 
     

エンド金具(リア)の組み立て

 ■ エンド金具を組み立てよう

 

購入したエンド金具はコンパクトに収納できるように組み立て式になっています。
そうそう、輪行バッグ関連のアイテムの大手メーカーは「オーストリッチ」というメーカー・・・というか、ブランドですが、そちらが有名です。

 

オーストリッチ=ダチョウの英名で、町工場ながらも老舗自転車バッグメーカー・オーストリッチ製品は「輪行」という日本独特の文化のニーズを叶えてくれるステキな企業さん。

 

ロード用とMTB用の商品の違いを出すために「スペーサーを入れてやればきっちり詰まって使えるじゃん?」という工業系の職人のような解決策や差別化がモノ作り的な日本っぽくてなんとも言えないトコロ。海外の人の発想はもっともっとアバウトですが ^^;

 
クロスバイクの輪行 エンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用

 

ロードバイク用とマウンテンバイク用があり、クロスバイクはMTB用(マウンテンバイク用)がサイズ的に合うらしい。

 

実際にはそのサイズ調整用のワッシャー(スペーサー)が付属するかどうかという違いのようです。

クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) エンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用

 

パーツ構成はこれだけです。

 

輪行バッグ(輪行袋)に入れる前にこれを組み立ててエンド金具を作ります。

   

■ エンド金具の組み立て

コンパクトに収納できるエンド金具はアルミ製。
輪行バッグ(輪行袋)にを広げる前に・・・後輪を外す前に、こちらを準備します。

 

オーストリッチのエンド金具リア用組み立て

 

クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

 

写真を参照してパタパタ展開していきましょう。

 
クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

組み立て順に注意しましょう

 

写真のような構成になります。

 

MTB用に同封されている右側のワッシャーは、エンド幅を135mmに対応させるモノなので、右側は「アルミ板⇒バネ⇒スペーサー⇒黒止め具」の順で組み立てておきましょう。


クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

組み立て順の間違い例

 

主人公さんのクロスバイクのエスケープは、こんな付け方ですんなり装着できました。

 

みなさんのクロスバイクもスペーサーの位置、ここでいいかな?


クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用

 

こちら側はこんな感じです。
バネは細い方が内側です。 無くなっても問題無く使えます。

 

バネがあるから、自然にフレームを載せる隙間が空いてくれる・・・という、意味のバネです。


クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチのエンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用完成

 

ロード用はスペーサー無しでエンド幅130mm。
MTB用はスペーサー有りでエンド幅135mm。
・・・で、税抜き+40円の違いです♪

 

ということは、ワッシャー1個の売価が40円。
・・・そこまで考えなくても良いのですが。。。 ^^

 
一般道路の自転車旅
猊鼻渓 国の名勝 舟下り

クロスバイク自転車旅 行き先探し東北地方岩手県国の名勝猊鼻渓舟下り

岩手県の一関市にある国の名勝「猊鼻渓」の峡谷の入口付近。写真は砂鉄川でこの川をさかのぼる形で猊鼻渓の奇岩・滝地域を見ることができます。ただ、舟でしか行けない「国の名勝地域」であり、観光資源である景色や利益は地元舟下りの運営業者・げいび観光センター(←県議さん&同姓の若手議員さんが代表・重役役員を務める有限会社)の独占状態。大人1600円ナリ。


     

エンド金具(リア)の使い方の予習

 ■ エンド金具の使い方を考えてみよう

 

輪行バッグ(輪行袋)に入れる時の取り付けの方向は・・・

 
クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ エンド金具 クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ エンド金具

↑ こうっっ!!コレが正しい方向です。車体に対して斜め上に向ける感じで装着するモノです。

 

■ エンド金具の誤った使い方の例

初心者ナビの主人公さん、初めての輪行バッグ(輪行袋)収納に悪戦苦闘・・・予備知識、全く無しでの挑戦でした。


クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ エンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用取り付け 間違い例

 

← こうでもなければ・・・ ^^;

クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ エンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用取り付け 間違い例

 

← こうでもない・・・。

 

輪行バッグ(輪行袋)の中に「どういう形で収まるか」すらわからずにとりあえず付けてみると、やっぱり下向けて付けるもんだとばかり考えちゃうじゃないですか? ^^;

結局どういう状態で使われるのか、事前にイメージしておかないとダメダメです。^^

 
     

エンド金具(リア)、大活躍の状況

 ■ はい、こんな感じですから。。。

 

どういう状況か、イメージしてみてください。

 
クロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) オーストリッチ エンド金具

オーストリッチのエンド金具リア用活躍例

 

写真のように納まるタイプの輪行バッグ(輪行袋)を使うので、地面との接地面に後輪や変速機が重量を受けます。

 

そのため、破損や変形を防ぐためにも今回はエンド金具が必要だったんですね。

 

こんな感じに使うことになるエンド金具。
だから装着は車体の斜め上に向けた形で装着するんですね~☆(ようするに取り付け角度が根本的に違ったんです)

 

さて、そんなエンド金具ですが、せっかく輪行バッグ(輪行袋)を使い倒すつもりなら、輪行バッグ(輪行袋)、エンド金具の他にもう一品、押さえておきたい物があります。 次のページではソレを解説 します。

     
サイクリング 用品 グッズ
オーストリッチ エンド金具 リア用 ロード用
オーストリッチ エンド金具 リア用 MTB用
オーストリッチ エンド金具 フロント用
オーストリッチフリーカバーロード用
オーストリッチフリーカバーMTB用
MARUTO チェーンカバー RS-C750
オーストリッチL-100輪行袋 超軽量型
オーストリッチ超速FIVE輪行袋
タイオガ コクーン ボトルタイプ
タイオガ コクーン ポーチタイプ
チェーンカバーを直接検索 >> エンド金具を直接検索 >>
オーストリッチ 輪行袋を直接検索 >> タイオガ 輪行袋を直接検索 >>

気軽に調べてクロスバイク生活をもっと楽しんでいきましょう♪

 
趣味 道具 日用雑貨
クロスバイク初心者ナビ・たくさん走って部屋でくつろぐ。日常生活を充実させる物欲アイテム
DUG(ダグ) POT-M DG-0207
スノーピーク トレック900 SCS-008
ユニフレーム 山クッカー角型3
モンベル アルパインクッカーディープ 11
シートゥサミット Xシリーズ3pcsセット
オクトス・スタッフバッグ3L/6L/10L 3枚セット
イスカ スタッフバッグキット 4枚セット
オルトリーブ コンプレッション ドライバッグ 7L
オルトリーブ コンプレッション ドライバッグ 12L
シートゥサミット ウルトラSIL DRY デイパック
クロスバイク初心者ナビ

クロスバイク初心者ナビ


クロスバイクナビ メニュー


自転車 メンテナンス・改造手順

雨の日ののんびりネタ
~ サイクリングコース編 ~
 
関東周辺サイクリングロード・ガイド
 
 
東京周辺自転車散歩
 
 
京都・奈良・琵琶湖自転車散歩
 
 
東海自転車散歩
 
日常×クロスバイク生活
梅雨のお出掛け用品
 
ロゴス LVS透湿レインスーツ
 
 
パールイズミ レーシングレインジャケット
 
 
ヤマハ YAR03 レインスーツ サイバーテックス3
 
 
トオケミ レインウェア 雨やどり4点セット
 
デスクトップ的リンク
SPECIAL LINKS
サイクリングナビ
あれば嬉しいお気に入り

自転車メーカー公式サイト

初心者ナビ ってどんなサイト?
当サイトのベース車体はクロスバイク・GIANT ESCAPE R2。ジャイアントの現行車種であるエスケープRXシリーズの源流となる車体です。 クロスバイク初心者ナビでは全くの自転車素人・初心者の目線でクロスバイクを解説していきます。
初心者ナビの「クロスバイク」
クロスバイク初心者ナビの「クロスバイク」の焦点の当て方は、「スピードバイク(ロード寄り)系のクロスバイク」を対象としたサイト構成となっており、「サス系クロスバイク・タイヤの太い(マウンテンバイク寄り)クロスバイク」の車種説明等されていない場合があります。
サイクリング生活 advanced
LEDヘッドライト
 
キャットアイ ボルト700 HL-EL470RC
 
 
キャットアイ ボルト300 HL-EL460RC
 
 
キャットアイ ボルト100 HL-EL150RC
 
 
GENTOS(ジェントス) 閃 325 SG-325
 
sponsored link
アウトドアを楽しもう♪
アウトドア&スポーツ ナチュラム
山登りを楽しもう♪
シェラデザインズ特集 アウトドア&スポーツ ナチュラム
キャンプを楽しもう♪
コールマン特集
趣味=あるからしたい

  メッセージ
クロスバイク メンテナンス 改造 やり方 自転車

 ■ 自転車・クロスバイク初心者もわかる整備・改造・メンテナンス方法・手順解説

クロスバイク初心者ナビ TOP
自転車クロスバイク初心者もわかる 整備改造メンテナンス方法やり方解説 INDEX
クロスバイクのタイヤのチューブの特徴 ←フレンチバルブ(仏式バルブ)についての写真解説。
フレンチバルブのクロスバイクへの空気の入れ方 ←高圧フロアポンプの使い方&仏式バルブはこんな感じに空気を入れます。
クイックリリース方式の前輪(フロントタイヤ)の着脱方法 ←輪行やタイヤ交換・パンク修理の基本準備です。
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の外し方 ←輪行やタイヤ交換・パンク修理の基本準備です。
クイックリリース後輪(リアタイヤ)の取り付け方 ←輪行やタイヤ交換・パンク修理の基本準備です。
クロスバイクのタイヤ交換の手順 ←ママチャリよりかは痛みやすいので、自分でできれば何キロ旅行も怖くない!
クロスバイクのタイヤチューブ交換方法 ←パンクもタイヤサイズ交換もお手のもの!
携帯ポンプ・携帯エアーポンプ・携帯空気入れの使い方・コツ ←出先のパンクもすぐに対応できるようになりましょう。
おすすめ携帯ポンプ・パナレーサー ミニフロアポンプの使い方とその使用感←応急&緊急的に購入したおすすめヒットアイテム
バーエンドバーの取り付け方法 ←グリップをカッターで「切る」と思っている人、いませんか?
ベトベトになったグリップの交換方法 ←劣化するとベトベトになるグリップ。早めに取り換えて走る事を楽しみましょう♪
ステムの交換方法&角度調整 ←乗ったときにフレームが大きい/小さいと感じた時にサイズの違うステムに交換してみましょう。
サドルの高さ、傾斜の調整・交換方法 ←サドル(=イス)が自分にピッタリだと全然違うサイクリングになります。
キャットアイ ワイヤレスサイクルコンピュータ(サイコン)の取り付け方 ←自転車用の速度計。総走行距離をずっと記録。
キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトの取り付け方 ←キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトHL-EL520の装着例
クロスバイクのテールランプの取り付け方法 ←基本的に車の走る「車道」を走るので、LEDの尾灯で存在をアピール!
クロスバイクのハンドルの高さを変える方法 ←ステムの角度より大きくハンドル自体の高さが変えられます。
輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを入れる事前準備 ~ エンド金具編 ~ ←エンド金具の必要性と取り付け方解説。
輪行バッグ(輪行袋)にクロスバイクを入れる事前準備 ~ チェーンカバー編 ~ ←チェーンカバーは有った方が良い。
輪行できるクロスバイクの輪行バッグ(輪行袋) ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 収納前編 ~ ←スムーズ輪行の手順解説
クロスバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる手順 ~ 輪行バッグ オーストリッチ L-100 使用解説編 ~ ←輪行バッグ収納手順
輪行バッグ オーストリッチ L-100 しまい方編 ~ ← 超軽量輪行バッグ(輪行袋)L-100 しまい方手順解説
 
クロスバイクのハンドルの高さ調整 ←  | クロスバイク 初心者 ナビ TOP |  → オーストリッチ チェーンカバーの詳細
 
| TOP | 自転車入門知識 | 初心者クロスバイク | メンテナンス・改造手順 | 自転車体験談・経験談 | クロスバイクアイテム |
 
クロスバイク初心者ナビ クロスバイク初心者ナビ 自転車初心者知識 クロスバイク初心者ナビ クロスバイクメーカー
クロスバイク初心者ナビ 自転車パーツ取り付け クロスバイク初心者ナビ 自転車生活経験談 クロスバイク初心者ナビ 自転車パーツ・アイテム

サイクリングナビ サイクリングナビ サイクリングナビ
サイクリングナビ サイクリングナビ サイクリングナビ