700×28Cタイヤ 人気&売れ筋チェック

予算別の売れ筋アイテムチェック

700×28Cタイヤ 2018年最新版

2018年対応版 人気の700×28Cタイヤを予算別にピックアップ。高額新製品の紹介ではなく、多くの人が実際に買っている本当の意味での人気商品を価格帯・ジャンル別に3つずつ紹介。

ロードバイクは通常23Cであり、28Cタイヤを入れることが無い&マウンテンバイクのタイヤは高圧700タイヤではないので、700×28Cタイヤはクロスバイク専用タイヤと言えます。

このページは700×28Cタイヤの特集ページです。

<アマゾンで検索した場合>
<楽天市場で検索した場合>

広告 

一本2000円前後級の700×28Cタイヤ3選

お試し装備に最適な価格帯

<スマホは←スライド→して確認>

パナレーサー
パセラ ブラックス

パナレーサー
コンフィー

サーファス
セカ

一本2000円前後の予算で考える人気の700×28Cタイヤ三選。

パセラブラックス、コンフィー、セカは一本2000円前後の標準グレードタイヤ。

多くのクロスバイクは28Cタイヤサイズが標準サイズですが、購入時にセットアップされている純正タイヤは車体の低価格化のために利用されている「最低グレード」のタイヤのため、このグレードだけでも乗り心地は向上します。

他も注目!4000円~5000円級タイヤ


パナレーサー
グラベルキング

パナレーサー
ティーサーブ PT

ビットリア
ルビノ プロ

IRC
METRO

コンチネンタル
グランプリ4000S2

一本3000円前後級の700×28Cタイヤ3選

本気系走行に最適な価格帯

<スマホは←スライド→して確認>

パナレーサー
リブモS

シュワルベ
マラソン

パナレーサー
ツーキニスト

3000円前後以上の予算で考える人気の700×28Cタイヤ三選。

リブモSはカラータイヤが2800円前後、マラソンとツーキニストは3200円前後。28Cタイヤの場合、速度の追求ではなくパンク耐性と摩耗耐性、転がり抵抗の低下を狙ったバランスの良いタイヤが一番満足度が高いタイヤになるでしょう。

2000円クラスで乗ってきた人は一度3000円クラスをお試しあれ~。


700×28Cタイヤ対応チューブ3選

28Cタイヤに対応するチューブ(セット販売含む)

<スマホは←スライド→して確認>

シュワルベ
15SV

パナレーサー
R'AIR

パナレーサー
チューブ

700×28Cタイヤ用のチューブ三選。

28Cタイヤの場合、速度(=軽さ・薄さ)よりパンクしにくい「分厚さ」に重きが置かれます。その他はコストですね。

15SV、R'AIRなど、チューブにはそれぞれにバルブの長さの違う物があることを確認して入手しよう。


このページは現在新ページとして試験編集中のページです。

関連ページ

情報ページがまとまるまで他章をお楽しみください。

各章のトップページ