クロスバイクよりロードバイクが良い?違い解説

自転車初心者入門ガイド

| | |

クロスバイクとロードバイクの違い

ちょっと本格的な自転車を買っちゃおう!と考えた時、知っている自転車の種類の名前はママチャリマウンテンバイク折り畳み自転車くらいでした。

ロードバイクという種類の自転車自体知らなかったくらいの素人さん。

そんな初心者(素人)が、クロスバイクを買う時に惑わされた言葉が「クロスバイクを買う人はいずれロードバイクが欲しくなる」というモノ。

ロードバイクとの違いや買い方、選び方の考え方について考察していきましょう。

このページの自転車&クロスバイク話

ロードバイクとクロスバイクの違い
ロードバイクを買う方が良い?
もともと欲しいのはどんな自転車?

広告 

ロードバイクとクロスバイク、どちらを買う?

ロードバイク ロードバイク

どちらも同じ価格の自転車だったらロードバイク?

クロスバイクとマウンテンバイクの違い解説ページで、マウンテンバイクについては、クロスバイクと似ているようでカナリ違いそうだ!ということはわかりました。

次にぶち当たったのが、『自転車にどうせ5万円も10万円も出すのであれば!』という気になりかけたロードバイクロードレーサータイプの自転車。

クロスバイクに興味を持った人はいずれロードバイクが欲しくなる伝説」のような当初の想像を飛躍した選択肢が、自転車に詳しい人のクチから出て来たりするわけです。

(※ スマホは横にスライド可能)
フェラーリ
ロードバイク
オオトモ
ロードバイク
カノーバー
ロードバイク
グランディール
ロードバイク
ディーパー
ロードバイク

<アマゾンで検索した場合>

<楽天市場で検索した場合>


…でも、最終的に購入したのはクロスバイクでした。

自分が何を探しているかを思い出そう

サイクリングロード

結論から言うと、「こんなに本格的なものはちょっと…」と、、もともとロードバイクに抵抗感のあった人が…

「おお!!、クロスバイクっていう、ちょっと本格的な自転車があるじゃん!いいな、これ!」

…と、興味を持つ方が多いと思います。


そういう流れで「(初心者だけど)買ってみようかな!?」と考えたはずなのに、ロードバイクを買って持っている人のあとでロードが欲しくなるよという言葉に流されて、ロードバイクを検討し始める…

…というのは、ちょっと飛び越えすぎかな?と思うのです。

もちろん、いきなりロードレーサーバイクを買っても、買えば買ったで大満足な自転車です。もともとママチャリしか知らないわけですから。 ( ˘ω˘ )

自転車を買いに来た人が結局クルマを買ったとして、「クルマはいいよぉ~」と言うのと同じ。

ロー ドバイクロードバイクが欲しくなった人が買う自転車であって、ママチャリではないちょっと本格的な自転車に乗ってみたかった人クロスバイクの方が性格的に合っていると思います。

高いのを勧める人と当人のために考える人

買う&乗るのは自分でカレじゃない

ロードバイクはレース(?)に出たい人やスポーツとしてのサイクリングをしたい人が買う自転車。彼らは好んで重装備。

サングラスとヘルメット、ピチピチのパンツを履いて前傾姿勢で走ります。

でもそれは、テニスをする時にテニスラケットと行ったりきたりしやすい靴を履いて外に出るのと同じ感覚。

東京スカイツリー 北海道 道路
東京スカイツリー前
北海道サロベツ原野前

ロードバイクは生活のためではなく娯楽アクティビティのための自転車なんですね。

上の写真は東京と北海道です。(撮影=わたし)

ロードバイクが用途に合うのは右の北海道のような場所。

実際は人々は街(町)に住んでいて、車や電車で通勤している「生活」があります。

さて、5万円のクロスバイクとベテラン勢が推す10万円のロードバイク、気軽に高い頻度で乗るのはどちらでしょう?

もともとどんな理由でどのように自転車を使うつもりで調べ始めたかを考えてみると、正解に近い答えに辿り着くことができるのではないでしょうか?

ロードバイクとクロスバイクの違い

ロードバイクはドロップハンドル

ロードバイク ドロップハンドル

ロードバイクはドロップハンドルの自転車。ぐるっと曲がったハンドルは、前傾スタイルでスピードに乗るような走行スタイルに変えられるので長距離走行に適しています。

見た目からして本格的なスポーツ自転車です。


気軽に・スマートに・どこにでも乗ってちょこっと買い物して…、のような自転車(の使い方)が欲しかった人にとって、欲しいタイプの自転車はロードレーサーではなく、クロスバイクではないでしょうか。

いくら上級者からいずれロードが欲しくなるなら最初からロードにしておくべき、とアドバイスをされても、当の初心者は「いずれ」の時期ではあまりせん

ロードバイクは「『いずれ』欲しくなった時」に考えて間違いはないかと。

クロスバイク 影 サイクリングロード
お気楽サイクリング
街乗りも運動も(^_-)-☆

フラットバーで気軽に街中を走りたい目的でクロスバイクに乗り始めた人の中で、その後、ロードバイクにしておけばよかった…と感じる人はそんなに多くはありません。

走行(所持)目的が異なるためです。

40km/h位で走っているロードバイク

高速のロード系ギアもあるクロスバイク

クロスバイク 公園

もともと競技用の自転車がロードレーサータイプの自転車ですので、一般的に高ギアのパーツが使われています。

同じ人が漕いだとしてもトップスピードではクロスバイクはロードバイクにかないません。

クロスバイクの他に、フラットバーロードというタイプの自転車ジャンルもあるようです。


クロスバイクはマウンテンバイク系のパーツが融合された車体で、フラットバーロードはロードレーサーバイクのハンドルをフラットバーと、シフター(変速機構関係)以外がロードバイクと同じというもの…とのこと。

クロスバイク初心者ナビでは、フラットバーロードは特に分類せずにクロスバイクとして解説していきます。

クロスバイク ギア スプロケット ロードバイク ULTEGRA ギア
クロスバイクのクランク
このへんも高性能らしい

…と、いうわけで、『少し本格的な自転車が欲しくなった』全くの素人だった人が、それぞれ勉強しながら買おうとした自転車はクロスバイクタイプに決定したのでした。

迷っている人はひとつの意見として判断材料にしてみてください。

しかし、調べ物はまだまだ続きます。

この後、クロスバイクを売っている自転車メーカーはどれくらいあるのか、それらの価格とスペックの違いを調べ上げる必要がありました。

海外の人々のサイクリングライフ

外国・欧米の人々は自分たちのしたいことをして過ごしているね。

男性も女性もひげもじゃの中年も、「したいこと」をしていこう。

トルコの自転車旅
アルバニア&コソボの自転車旅


広告