買っちゃうぞ!ある初心者がクロスバイクを決めた理由例

自転車用品経験談・選び方

| | |

クロスバイクを買うまでの自転車初心者の心理

クロスバイクという言葉自体知らなかったママチャリしか知らない初心者。

ここからは、自転車初心者だった人が、クロスバイクと共に自転車のことについて勉強していく様子を綴っていきます。

自分に置き換えた場合の一台を選ぶ参考にしてください。

このページの自転車&クロスバイク話

MTB?ロードバイク?絞っていこう
欲しい自転車は使う目的を考えると良い
本人の選択が正解&答え

広告 

どんな車種が欲しかったんだろう?それを整理してみよう

自転車 模型 自転車 模型

買うための必要性の理由付け…初心を強く思い出してみる

「こんな自転車が欲しかった・興味を持った」…買う車種に悩み、決めようとしている時は、まず、初心を忘れてはいけません。

初心者ナビの場合、思い立ったきっかけは『運動不足の解消になること(なるもの)』が本格自転車・クロスバイクに興味を持ったはじまりでした。

その目的から考えた場合…

★適度に身体を動かし続ける有酸素運動がしたい

★ついでに楽しく移動できる実用性

★どうせ遠くに行くなら速く走れた方がいい

こんな風に「自分がこれから買おうとしている自転車でどんなことをしたいのか」を一旦、整理したり、もう少し贅沢にしたいことを増やしてみましょう。

さて、そんな自転車素人が導きだした自分の欲しいクロスバイクのタイプは…

★スイスイ進むスポーツタイプを希望

★速い速度で走りたい願望がある

★きっと時々隣の都道府県をまたいで走るだろうな

つまり、総合的に判断した結果は「タイヤが細く、サスも不要なロード寄りのクロスバイク」なのだろう…と、おぼろげながらに絞ることができました。

そんなレベルの人だってもちろん買っていいんですよ~。

やっぱり価格は無視できない!最下級モデルを比較・検討しよう

どの自転車がどう違うのか?現場でチェック&勉強をする

ホームセンターのママチャリくらいしか買ったことのない初心者の心理としては、やはり5~6万の自転車!?またはある意味、冒険という心理が至極当然のこと。

クロスバイクという触れこみがあってカタチがマトモで売っていれば、「2~3万円のよくわからないメーカーの物でもいいんじゃないか???」そんな気持ちが 何度も頭をよぎり、そのような価格帯の自転車がないか一応、探したりもすると思います。

でも、見つけてもそれはほとんどスチール製のフレームで一般的なアルミフレームのクロスバイクと重さがまるで違います。

一度フレームを掴んで「腰を入れないで」持ち上げてみましょう。アルミなら片手でひょいっと持ち上がります。

スチール製フレームは逆に身体のバランスを崩して車体に引き寄せられてしまうはず。

「う~ん、絶対後悔しそうな気がする…」と、気を取り直してブランドもののクロスバイクの見直しです。

ホームセンターの自転車、消去。

まずは、値段に引かれて各メーカーの欲しいクロスバイクのタイプの最下級クラスモデルを比較・検討しました。

ジャイアントというメーカーのエスケープR3

そしてルイガノってカラフルでおしゃれ~、LGS-RSR4いいな~、

他のお店でもこのSirrusという車種は置いてあったな。

トレックFXもかっこいい!た、高い・・。

こんな風につぶやいたり感動しながら好みのスタイル(デザイン)のクロスバイクを覚えながら、価格もチェックしていきましょう。

クチコミサイトの時代になりましたが、買うのは自分、乗るのも自分。

他人の評判を真っ先にチェックして先入観を刷り込まずに、最初は自分の感じ方を大切にした方が良いですよ。

同価格帯のクロスバイクを見つけた後は詳細を分析

勉強して最後に決めるのはあなた

さて、自分が理解できた自分好みの自転車の特徴がおぼろげながら見えてきました。

読む人にとっては他人事ではありますが、クロスバイク初心者ナビの初心者の場合を見てみましょう。

★ジャイアントのエスケープR3…お手頃価格でメーカーの知名度は抜群、評判もいいようだ。でもグリップシフト(当時のR3クラス)はなんとなく子供の自転車のカチカチみたいで嫌かもしれない。

グラデーションのカラーも最初はいいけど、ちょっと飽きそうな気がする。

★ルイガノのRSR2が(バーエンドバーもついていて)すごくかっこいい!下級モデルはRSR4、おしゃれな印象は変わらずに価格もそこそこ。

ん?タイヤの幅がエスケープより細いんだ?自分に乗れるかな?でもカナリいいな!

★シラスって読むのか、コレ(Sirrus)、値段もそれほど高くない!

★トレックの7.3 FX…う~~ん、、(4万円台になっているジャイアントのエスケープR3を見ているため)値段がなぁ…。

他、ジオスやフジやビアンキなどのクロスバイクはその販売店では扱っていなかったため、存在自体知らず。

こんな感じで、有力候補に挙がったのは「ジャイアント~エスケープ系」と「ルイガノ~RSR系」になりました。

ここからまだまだ悩みは続きます。

さらに範囲を広げて再検討!

そうそう買い替えするものではないので

1万円で買えるママチャリではありません。

そうそう買い替えや買い増しできない価格帯の高級自転車であることを考えると、「もうちょっとお金を出せばもっと良い物が買えるよね!」…こういう発想が沸いてくるものです。

ホームセンターのカタチだけのクロスバイク(モドキ)でもいいかな~…と考えたことのある自分はもう居ません。

再検討の重要ポイントは、初心者ナビの初心者の場合「フロントフォークの材質」でした。そうです。カーボンフォーク搭載のモデルにしちゃおうかな~…と、考え始めたのです。

実はこれ、目立つ所に展示してあったルイガノのLGS-RSR2に目を奪われてから、気になっていた部分。さらに調べるとRSR3は18段変速。

素人考えで、「なんとなく24段(ギアが多い方)の方がいいな~」と思ってしまい、欲しいけどまたソコで悩む。

「できるだけ安いクロスバイク」ではなく、出せる予算で納得のいく欲しいクロスバイク…そんな風に選択肢の幅が広がっていったわけです。

価格、タイヤのサイズ、車体の重さ、デザイン、変速段数、フロントフォークのグレード…この場合は、そういったポイントがクロスバイクを比較し、選ぶ理由になりつつありました。

いろいろ検討した結果はいかに…!?

入荷(納車)時期も超重要。無期限で待たされるならこっち。

最終的に「買うぞ~!」と決めたのは、、、、ルイガノのLGS-RSR4!やっぱり一味違う高級自転車、オシャレなヤツがいいな!と。

価格も初心に戻り、贅沢せずに普通のフォークで構わないだろう…と自分にそう言い聞かせて決意します。

ところが…今日こそは絶対買うぞ!と意気込んで何度も出たり入ったりしているお店で店員さんに言いました。

「ルイガノの自転車が欲しいんですけど…」

時期としては10月下旬あたり。

その頃って、ちょうど、次の年のニューモデルが発表されるかどうかの時期なのです。間もなく去年のモデルとなってしまう今年最後のモデルが通常以上に価格が下げられて売っているわけです。

ついでに言うと、もう新しく入荷はされないとのこと。ようするに欲しいモデルの欲しいサイズが売り切れになっているのです。

「それじゃ、、ルイガノのニューモデル、予約したらいつ頃納車されるんですか!?」と質問したところ、店員さん…「ルイガノは人気があるから、もしかしたら来年年明けになるかもしれません。」と。

…うーん、今(当時)、まだ10月下旬…。年明けって…。

無期限で待たされるならこっち。

そんな状況の中、ジャイアントだけは翌年のニューモデルが他社に先駆けて先行販売されているではありませんか!?

出たばかりのフロントフォークがカーボンなエスケープR1・R2を見ているうちに、渋いブラウンではない蛍光にも見える明るい黄緑色のエスケープR2を指差し、「これ!ください!!」と、、、長かったクロスバイク選びがようやく終わりを迎えたのでした。

一通り勉強して知識がついていたからこそエスケープR2に決断したのですが、出会いなんてこんなものです。

記念すべき購入0日目です。

さて、あなたはどういう悩み方をしてそれぞれ自転車と出会うことになるのでしょうか?

ニューモデルの発表の時期もわかったところで、納得のいくクロスバイクの選び方~購入に結び付くことができれば…と祈っております。

なお、年度によって車体のスペックは異なります。(=そういう部分を見て比較して決めると良いです)