クロスバイクに乗りやすい普段着系の服装・肌着と上着編

自転車用品経験談・選び方

夏の汗・冬の寒さは衣類次第!乗りやすい服装(肌着と上着編)

基本普段着クロスバイクに乗りたい願望を持つクロスバイク初心者ナビの主人公さん。夏は綿のTシャツだったし、冬もTシャツを肌着代わりに着てその上にあれこれ重ね着したりするようです。

綿の生地って、汗を吸い取りやすいのだけれども、一度湿るといつまでも湿ったままの乾きにくい生地。

身体を動かし汗をかくクロスバイクサイクリングでは降車すると常に湿り気のある状態でいることになります。

着る物についていろいろ悩むことがあると思うので、今回はそれについての参考話です。

このページの自転車&クロスバイク話

本気のカッコをしないクロスバイク
普通に速乾シャツでOKの話
冬は温度調整が難しい
本人の選択が正解&答え

サイクリング ウェア アウター 摩周湖
広告 

クロスバイク的な夏の衣服

夏は乾きやすい素材の物を

クロスバイクに乗りやすい普段着系の服装・ズボン編」でも解説していますが、クロスバイクは日常系のカッコが一番

とりあえず夏は速乾性のある素材のトップスを1~2枚持っていると良いかもしれません。「トップス」とか「アウター」などの言葉は避けますね。

シャツや上着のお話です。

諏訪湖 サイクリング

写真は諏訪湖のほとりの公園を訪れた時の一コマ。サイクリングをするどこかのおにいさん。

ロードバイクのようですが、レース選手のようなカッコをしていないし、違和感もありませんね。そもそも良い意味で誰も他人を注目していません。

いい意味でコレ、現実。


ありがちなサイクリングウェアは「サイクルジャージ」で検索すると出てきます。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶サイクルジャージ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶サイクルジャージ

夏であれば、もともと露出の多い服装をしていてもさほど派手さは感じない季節なので、「いかにも自転車のレーサー」というガラでなければ、サイクリング用のウェアを素肌に直接着て街歩きをしてもそんなに浮かないかもしれません。

速乾性のシャツでいいんです

速乾性の材質のシャツは何枚かあった方がいいと思います。

サイクルウェアにこだわらなくてOK。気軽に着やすいヤツを探してみましょう。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶速乾Tシャツ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶速乾Tシャツ

何のおしゃれ情報でもサイクリング用品でもなく、「汗がすぐ乾く普段着のシャツで良いんだよ」という情報サイトでございます。

あれ?残念だったかな? (;・∀・)

広告 

クロスバイク的な冬の衣服

冬でもクロスバイクを漕ぐと汗をかく

冬の衣類はちょっと考えたいのが大汗をかくクロスバイク・サイクリングです。

冬に活躍する普段着的な上着のジャンルでクロスバイクに乗って出かけるのに適したモノを考えてみましょう。


コート・ダウンジャケット系 …×

ポケットに手を入れて鏡の前に立つと、誰でもたいていキマって見えてしまうコート類ですが、寒い日でもクロスバイクに乗ると正直、暑くて着ていられなくなります。

歩いてちょうど良い温度になるものを着て運動をし続けるのだから、冬とはいえ、コートやダウンジャケットと冬のクロスバイクの相性はあまり良くありません

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶コート
[密林]▶ダウンジャケット

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶コート
[楽天]▶ダウンジャケット


ジャンパー系 …○

ジャンパーウインドブレーカーは英語圏でも通じない場所もある言葉のようですが、ブルゾンと言わずに表現させていただきます。

フルジッパーのジャンパーは良い選択です。機能的にはコート系と違い、腰から上のショートサイズなので漕ぎやすいのですが、前傾姿勢になるので素材によっては伸びずに窮屈さを感じてしまうかもしれません。

防寒のための服なので、街のおしゃれ着としてではなく前のファスナーはしっかり締めるのが基本です。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶ウィンドブレーカー
[密林]▶防風ジャンバー

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶ウィンドブレーカー
[楽天]▶防風ジャンバー


マウンテンパーカー …〇

クロスバイクは車体のデザイン自体がマウンテンバイク的なのでトレッキング系のマンテンパーカーと結構マッチしてくれる上に、薄手でも防風性はしっかり。

動きやすくて体温調整もしやすいスタイル、本来山歩き向けの服なのでポケットも大きく、スマホもすぐに取り出せて便利なアウターです。登山同様、クロスバイクで遠出して“遭難”してもへっちゃら。

ただ…かつて都会で無意味な四輪駆動車が走っていたのと同じように、時代によっては街で山服のマウンテンパーカーが「なんで街で着るかな?」と言われるモノになっているかもしれません。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶マウンテンパーカー

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶マウンテンパーカー

マウンテンパーカーは防風性&アウトドアに合う機能的には間違っていないのですが、そのあたりは周囲や時代に合わせて考えましょう。

クロスバイクは専用服ではなく普段着が良いよ~というお話。


フリースやパーカーは寒いと思う

見た目がふかふかなフリース素材や、その代表的なパーカーなどは、空気を保持してくれるので保温には優れているのですが、防風性がほとんどないので風にさらされるサイクリングウェアとしてはあまり向いていません。

逆に防風性を有した上着の中に着こんでしまうとサイクリング中に大汗をかいてしまい、たまらずに脱いでしまったソレを入れる物が無い…という困った状況になりやすい子なので、クロスバイクでのチョイスには要注意。

ユニクロがオシャレだと持ち上げられた時代も…

半年・一年でコロコロ変わるのがファッション(普段着)なので、解説の基準服も難しいですね。

クロスバイクと外出を楽しもう

有る=1時間くらいどこかへお出掛け

サイクリングや通勤に使える物を1~2ヵ月に千円~5千円、何かを買ってもいいんじゃない?

あれこれ考えてみるのもいいのではないでしょうか? ( *´艸`)

広告 

定番系の買い物

直球の買物。
アマゾンという便利サイト。

マイナー系の買物

掘り出し物発掘所。
自由に探す新アイテム。

サイクリングナビ

ロードもクロスもママチャリも。
自転車+自分のサイクリング。

登山初心者ナビ

踊らされない自分の旅。
絶景歩きの登山トレッキング。