もしタイヤがパンクしたら…携帯ポンプ(空気入れ)は必需品!

自転車用品経験談・選び方

もしタイヤがパンクしたら…携帯ポンプ(空気入れ)を買いました

タイヤの細いクロスバイク。購入から3週間ほどの時期、700×28Cだったクロスバイクのタイヤを23Cに換装したクロスバイク初心者ナビの主人公。

数時間もかかった初めてのタイヤ交換も20~30分でできるようになり、乗り心地や速度感がわかるようになったと同時に、メンテナンス要領もレベルアップしていきます。

チューブの入れ替えもできるようになったけど、、、遠くまで行ってパンクしたらコレ、、どーにもならないよね!?

うむむ… まだまだ出費との戦い感は否めない購入1ヵ月以内なのですが、必要に感じたものは買わなくてはいけません…。

このページの自転車&クロスバイク話

パンクしやすいクロスバイク
出先でパンク…するのが普通
携帯空気入れを買っておこう

携帯ポンプ 自転車 携帯ポンプ 自転車
広告 

もしタイヤがパンクしたら…どーしましょ!?

出掛けた先でパンクした時の対策を練らねば!

ママチャリと異なり、高圧タイヤであるクロスバイクの多くは「フレンチバルブ」と呼ばれる仏式のバルブチューブのタイヤ。

ノーマルクロスバイクの700×28Cのタイヤにせよ、700×23Cタイヤにせよ、出先でタイヤに空気を入れる必要が出てきた時、クロスバイクやロードバイクのタイヤの「高圧注入」+「フレンチバルブ」の「空気入れ」は一般的にありふれていません。

遠くまで走ってみたはいいけど、「思いがけずパンクしてしまった」。…それだけでもうアウトなんです。

クロスバイクの高圧タイヤは万が一でも不幸にもでもなくちょっとした段差でパンクします。

…そう、携帯空気入れ予備のチューブを持ち歩かなければ、いつでも不安でいっぱいなのです。

自転車初心者にとって、携帯ポンプって実はあまりなじみがないものですよね。

そんなこんなで、クロスバイク初心者ナビの主人公さん、フロアポンプを買う時の注意点くらいは進歩しているのですが、やっぱりよく知りません。またまた調べてみました。

携帯空気入れの種類 フレームポンプ

円筒タイプの携帯ポンプ

☆細長い筒型の空気入れで、クロスバイクやロードバイクに車載(フレームに固定して常時持ち運び)できる一般的なタイプのエアーポンプ。

手のひらサイズの携帯ポンプから、30センチ定規のようなサイズのエアーポンプもありますが、基本的に縮めたり伸ばしたりシュポシュポすることによってエアーを送り込むことができる携帯ポンプです。

なお、ロードバイクやクロスバイクのタイヤの空気圧は「 8 bar 」前後になります。

クロスバイク用品かんたん検索

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶携帯ポンプ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶携帯ポンプ


「携帯ポンプ」だけの言葉で検索しても、車やバイクは手作業でシュポシュポ空気を入れないので自転車用の空気入れがヒットします。でも、マウンテンバイク用をつかまないように気を付けましょう。

自分で探したい人は下の言葉から空気入れを見ていくと良いです。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶ハンドポンプ
[密林]▶ミニポンプ
[密林]▶フレームポンプ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶ハンドポンプ
[楽天]▶ミニポンプ
[楽天]▶フレームポンプ

携帯ポンプの表記でよく使われているのが「 120 psi 」などの【PSI】という単位が多く見られ、「MAX(=最大で)」という表現がされていることが多いので、余裕のある性能を持っている携帯ポンプを持ち歩いた方が良いでしょう。

参考までに…【 1 bar = 14.504 psi 】 ということのようですので、【 120psiは、8.27bar 】です。これはつまり、最大120psiまでの携帯ポンプであれば、むちゃくちゃ力を込めてやっと入れられる最大の空気(圧)は「8.27bar」までということです。

ちなみにMTB用の携帯ポンプは90psi(6.2bar)前後のアイテムが「MTB用」として販売されていました。

広告 

携帯空気入れの種類 ミニフロアポンプ

円筒タイプの携帯ポンプ

☆トピーク(TOPEK)という自転車用品メーカーが「モーフ(MORPH)」という商標でフロアーポンプのように体重をかけてポンピングすることができる携帯ポンプサイズのエアーポンプを発売しています。

☆パナレーサー(panaracer)もミニフロアポンプというネーミングそのものの携帯ポンプを出しています。

円筒タイプでは胸筋を鍛えるような動作で両腕の力だけで延々と空気を送らなくてはならなかった携帯ポンプの弱点を、モーフシリーズでは「ホース」や「取っ手」部分と「底」を付け、地面に置いて体重をかけてポンピングできるタイプを開発しました。

ジャンル説明の便宜上「モーフタイプ」や「ミニフロアポンプ」と呼称しておきます。

クロスバイク用品かんたん検索

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶ミニフロアポンプ
[密林]▶トピークのモーフシリーズ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶ミニフロアポンプ
[楽天]▶トピークのモーフシリーズ

トピークの「モーフ」はモーフィング(morphing=変形)からのネーミング。腕力系携帯空気入れと一線を画すタイプの携帯エアーポンプ。

フロアポンプと同じように使うことができるので、フロアポンプ未購入の方は家でのメンテナンス&携帯エアーポンプの兼用モノとしての購入もアリです。

携帯空気入れの種類 インフレーター

CO2カートリッジ式自動注入タイプの携帯ポンプ

☆人力でシュポシュポと空気注入するのではなく、CO2ボンベに圧縮されている空気を片手+数秒で注入することができます。

有限のミニサイズのエアーコンプレッサーみたいな感覚なので、とても利便性はありますが、ボンベは使い切りなので、空気を使い切ったらカートリッジを入れ替えて使用することになり、予備のカートリッジを余分に持っておく必要もあるかもしれません。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶インフレーター

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶インフレーター

専用のカートリッジ代=「空気代」がかかるとも言え、出先でカートリッジを使い切ってしまうとあとは荷物になってしまうだけなので、これからずっと持ち続ける初心者が最初に買うモノとしてはあまりおすすめしません。

エアーゲージ付きの携帯空気入れがおすすめ

自転車初心者の人にはやっぱり「空気圧の目安がわかるエアーポンプ」の方が安心できる買い物だと思います。

経験の少ない初心者にとっては、こういうのはあるモノをチョイスした方がいいでしょう。

エアーゲージそのものも売っている

「携帯ポンプ」は出先でのチューブ交換のためのいわゆる「緊急用」なので、正確な空気圧でセッティングする必要って、ないんですよね。自宅やちゃんと空気を入れられるところまで乗っていければいい。

たとえ6気圧でも、乗車してパンクしない空気圧まで入ったら必要な場所まで「乗っていけさえすればいい」ワケで、そう考えたら緊急用のエアーポンプでちゃんとエアーゲージで空気圧を量る必要はない…という考え方もアリです。

下のような「ゲージ」だけの空気圧チェック用の小物もありますので、必要な方は検討してみてください。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶エアゲージ

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶エアゲージ

中級者くらいになると乗った時のペダリングと速度の関連性や路面の凹凸の拾い方の感覚で、経験上タイヤの空気圧が6気圧か8気圧かだいたいわかるようになるので、パンクしやすい低圧に気付かないで速度を出す事はそんなにありません。

初心者の人は、迷ったら頑張ってゲージ付き携帯ポンプの中から買う物を選んでGETすることをおすすめします。

携帯空気入れ…必要な時に無いとカナリ悲惨

ゴロゴロで何キロ押して歩くのだろう…

携帯ポンプをケチって買わずに出先でパンクした場合の事を考えてみましょう。タイヤは潰れ、ホイールのリム部分が直接地面に接しながらクロスバイクをひたすら押して歩く…。

クロスバイクで10分走った距離を自転車を押しながら歩くと、きっとたっぷり1時間はかかるでしょう。 クロスバイクやロードバイクもよく見かけるようになったので、趣味を同じくする通行サイクリストに声をかけて貸してもらうのもいいと思います。

…と、いうことで、早かれ遅かれ「買う必要・持っている必要」は感じるようになると思うので、未購入の初心者さんは時期を見て検討していきましょう。

サイクリングや通勤に使える物を1~2ヵ月に千円~5千円、何かを買ってもいいんじゃない?

あれこれ考えてみるのもいいのではないでしょうか? ( *´艸`)

広告 

定番系の買い物

直球の買物。
アマゾンという便利サイト。

マイナー系の買物

掘り出し物発掘所。
自由に探す新アイテム。

サイクリングナビ

ロードもクロスもママチャリも。
自転車+自分のサイクリング。

登山初心者ナビ

踊らされない自分の旅。
絶景歩きの登山トレッキング。