クロスバイク(自転車パーツ)が盗まれた時の通報&やるべき事

自転車用品経験談・選び方

クロスバイク(自転車パーツ)が盗まれた時の通報&やるべき事

夏の始まり。ふと駐輪場に目をやると、ESCAPE R2が一晩で変わり果てた姿に変わっていました。

ホイールを含む黄緑色のプロ3レース付きの前輪ホイール、キャットアイのサイクルコンピュータCC-RD300W、同じくキャットアイのヘッドライトHL-EL520、その中には限定販売のエネループ。

R2の純正の可変サドルGIANT SPEED GROOVE ADJサドル、サスペンションポスト27.2x300mm、パナレーサーのミニフロアポンプ、LEZYNEのS-CADDYサドルバッグ、予備のチューブと交換工具。

盗めるものは全て盗んでいった奴がいたわけです。

そうです、愛車であるクロスバイクのフレームを残して、揃えたパーツ類が盗難に遭ったのです。

『……ふっ。上等じゃねぇか。。。』

滅多に荒れた言葉を吐かない主人公さん、静かに対抗措置を練り始めました。

このページの自転車&クロスバイク話

必要な情報は被害者本人が揃える
高額窃盗は微罪処分で終われない
対窃盗装備はした方が良い

ワイヤーロック 自転車 自転車 公園
広告 

追撃、開始。

クロスバイク初心者ナビをご覧の方にも、きっと、盗難に遭われた方もいらっしゃると思います。そして、不幸にもこれから盗難に遭う方も現れると思います。

この体験・経験談を、全ての被害者に該当する方のための参考情報として、「クロスバイク初心者ナビ」をもっとオリジナルで貴重な情報のあるサイトに強化するべく、編集を進めていくことにしました。

警察への通報の前にしておく事を整理しましょう

犯行時間は前日の夜から朝までの間。

まずは、深呼吸です。

外にフェンスに後輪とフレームにワイヤーロックを掛け、駐輪していたクロスバイク・エスケープR2。

大騒ぎしたところで意味は無いので、その場でずっと先の事を考えていました。

『 示談金、20~30万位まで受け取り拒否しよう ( 一一) 』

…犯人が捕まって起訴されるか不起訴になるか、被害者と示談が成立しているかで状況は変わってくるものです。盗みを働くヤツは、基本的にそのあたりまで考えてかっぱらいをしません。

(起訴されれば執行猶予が付こうが「犯罪の前科」が付くので、不起訴に持ち込むために弁護士がお金を包んで「示談」にやってきます。犯罪のもみ消しや反省している減刑のためのアピールです。弁護士さんって正義の味方ではなく依頼者のためのシゴトです。)

千円の万引きではないので、微罪処分もできない窃盗の被害額。逮捕された後、起訴を逃れるために弁護士とともに嘘泣きをしながら土下座するのは目に見えているわけで…悔しさの裏側で、キッチリ責任を取らせることを通報前から冷静に計算しておきましょう。

 

不幸にもこれから自転車盗難の被害に遭われた方がいらっしゃいましたら、こう考えるといいでしょう。

10倍以上の示談金GETのチャンスが時効まで続きます。それ以前にお金はいらないので「絶対起訴されるように」被害者の権利をゲットしていることに気付きましょう。そのへんはすでに「大人の戦い」が始まっています。

 

まずは、110番です。

ここで、「あ、申し訳ないのですが、指紋採れそうなので、アレ、持ってきてくれるよう交番の人に伝えてもらえませんか?」…と、通信司令本部の人(=電話での110番を受理したお巡りさん)に伝えましょう。

わざわざ自転車を持って行って、交番で被害届を書いてもらわず、110番通報して来てもらった方がいいです。犯行現場の実況見分(←警察の方が書く裁判資料)もあります。

被害品の確認…って、何を確認しておけばいいの??

メーカー名と正式名称と販売価格をピックアップしておこう

110番通報の内容から「自転車盗」に遭ったのか、「自転車の部品盗」に遭ったのか、「器物損壊」に遭ったのか、警察で判断し、近所の交番から必要な書類を揃えて被害現場に来てくれます。

できるだけ詳しく被害の状況を調べて警察官の到着を待ちましょう。

さて、被害にあった本人は警察官の到着までにしておくことがあります。

被害品の確認ですね。何を盗られたか、パーツならメーカー、物の名前、製造番号、色、それから、時価を出すので、販売額をチェックして4割~6割くらいの計算をしておきましょう。

自転車全てなら盗難保険などの絡みもありますので、車体番号や防犯登録番号を調べておかなくてはなりません。

防犯登録がわからない時は、買ったお店に買った時期などを告げて調べてもらう必要があります。

さて、盗まれたパーツですが、主人公さんの場合、ほとんど「クロスバイク初心者ナビ」のままだったので、カタカタとページを見ながらピックアップ&価格調査です。

みなさんも、いざという時のために自転車の細かい所の写真を撮っておくと、車体番号や防犯登録、パーツの製造番号など写り込んでいるかもしれません。

関係する法律について

警察や検察の仕事だけど、被害者本人が当事者

盗難届は正式には盗難の被害届です。

これが警察に受理されると、犯人には刑法の窃盗罪の容疑がかかります。

刑法 第235条

他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役に処する。

刑事訴訟法 第250条(公訴時効期間)時効は、次に掲げる期間を経過することによつて完成する。

1.死刑に当たる罪については25年

2.無期の懲役又は禁錮に当たる罪については15年

3.長期15年以上の懲役又は禁錮に当たる罪については10年

4.長期15年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については7年

5.長期10年未満の懲役又は禁錮に当たる罪については5年

6.長期5年末満の懲役若しくは禁錮又は罰金に当たる罪については3年

7.拘留又は科料に当たる罪については1年

窃盗罪については、時効は7年ということになりますね。

※「以下」は10年を含み、「未満」は含まないため『4』の7年に該当します。

【法律は改正されるものなので、上記の基準は参考程度にしてくださいね】

 

被害届を出せば、あとは時効まで「果報は寝て待て」状態となります。

たいてい、物を盗んで捕まらないヤツは捕まるまで人の物を盗み続けるものです。

なお、前科があると指紋データが一致するので、近日中に容疑者が確定されるでしょう。示談金、10万円くらいで喜んじゃダメですからね。( *´艸`)

「いや~取り下げませんよ♪むしろ厳罰を望んでいますので♪ちなみにいくら入ってるんですか、コレ?」などなど普通に話をしつつ、笑顔で拒否しましょう。 (*''▽'')

そのうち捕まって連絡が来るのが逆に楽しみですね。

相手から先に法律に触れた以上、こちらが有利な大人の戦いですので「難しい事はわからないので弁護士さんにお任せします」なんて言ったら、犯罪者の依頼を受けた弁護士さん、ニンマリですよ。( 一一)

貧乏な子供が野菜盗んでかじってるのと違いますからね。

 

ちなみに警察の人は探偵や万引きGメン警備員ではないので「不審者・不審車」を調べても、あなたの自転車やバイクを積極的に探しているわけではありません。(当然ですね)

逆に、人を一人拘束してしまう「裁判」や「逮捕」という手続きを、本来全てやらなければいけないはずの届出人・被害者本人がほとんどしないのは、警察や検察がしてくれているから。

基本的に「自分の事(個人が管理している所有物)」なので、他人が夜を徹して探したりはしていません。自分の物は自分で探す。ある意味、当然のお話なので、落胆・逆恨みしないようにしましょう。

広告 

余談・転売できる環境と隠れた支援者

テレビはスポンサー業界の広告事業者

現代ではネットオークション・スマホアプリのフリマサービスなど、個人が個人へ売買することができる環境が整っています。

パーツ窃盗も自分で使って家族や友人にバレる行動をするためではなく、転売する目的の窃盗が多いかもしれません。

 

でも、テレビはケータイデンワ業者やゲームアプリのCMでテレビ局に莫大な利益をもたらしていいるので、絶対にそういう「お友達業界」に規制や対策を迫られる話題には触れません。

人が年間何千人轢かれてもクルマの規制を問題視しないし、お酒も同じ。SNSが使われる犯罪やいじめや売春など、CMでお客様(スポンサー)業界の問題はすべてスルーするのがテレビです。

 

規制や対策に関する話題は業界のお金になる「義務になったのでそれが付いている高いコレをおすすめします」となる話しかテレビは積極的に言いません。

スマホやOSのウィルスやパソコンの買い替えが必要なコトなど、危機を煽ることで結局業者が儲かる話題だけ。テレビが話題にする全てに裏があるはず。

自転車業界はテレビ局にお金を落とせる経営形態ではないので、何かあった時のネタはテレビのスポンサー業界に悪影響の無い側が悪者という「決まった方向」で連日垂れ流されます。

ネットオークションサイトも白い犬関係が親会社だったり、フリマサイトやゲームアプリやSNS、プロスポーツ球団の経営グループだったりするつながりのあるCMがあれば、「転売」というボカした伝え方をしても、騒ぎ立てることはしません。

 

テレビやマスメディアはお友達が潤う産業のコトで、転売できないように法規制をかけるような報道や問題提起はしないものと考えた方がよさそうです。

この先も特に厳しい対策や規制はされず、窃盗被害は続くでしょう。

 

社会を操るメディアが「お客様(お金をくれるお客様)のための世の中の空気作り」がモットーなので、わたしたちはわたしたちで「自衛(防犯対策)」しましょう。

ワイヤーロックはかけておいた方が良い

被害者が言うのだから ( ˘ω˘ )

このサイトも危機を煽って誘導しているわけではないので、さらっとリンクだけ。

こちら、いわゆる「ガチ」というやつです。

ハイパー「読む人目線」の自転車情報サイト。

盗難の被害を受けた友人からのアドバイスとして、目を通して自分で考えてもらえればうれしいです。

クロスバイク用品かんたん検索

<アマゾンで検索した場合>

[密林]ワイヤーロック

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶ワイヤーロック

携帯ポンプやサイクルコンピュータなど、市街地の駐輪場に置く時も、車体から離れる時は外してサイクリングバッグに入れてブラブラした方が良いですよ。

未来あるキミへ

最後に一文、バイク・自転車を盗もうとするキミへ。

5万円…大人からすれば1か月のお給料で買えるモノなんですね。原付だって2ヶ月後には買う余裕ができるモノ。中古であればやっぱり数万円。

たった「1~2ヶ月」で買えた物のために、何か月もいつ警察官が家に来るかわからない「窃盗」をして得たものは『たった1ヶ月で買う事ができる物』なんですよ。捕まらないかもしれない。

でもね、それを事業として暮らしていくつもり?

大人になった時、あなたに子供ができた時、あなたは一生「思い出す」でしょう。

『そんなこと(人の物を盗んだ)、したことない』と、子供に嘘をつきながら育てるウソばかりの犯罪経験者。

テレビでユーチューバーやツイッターの「人気者」がノリで何かをしているニュースが流れるかもしれないけれど、上の話の通り、テレビも動画サイトも誰も守ってはくれない。

人気者に見せかけるのがテレビや自演者たちであって、本当は「アイドル」さえお友達が盛り上がっている風に見せてるだけ。テレビは絶対それを言うことはないけれど。

「みんな」という演出と「みんなが」というぬるま湯を自分たちの養分になりそうな人たちを引き付けるエサにしてるだけ。

 

本体でもサイクルコンピューターでも、普通に自分で買おう。

「みんな」当たり前のようにそうしてる。

そしてみんなで自転車を楽しんでいる「仲間」になろう。

こっちが本当の世界だよ。

 

ほら、日本で見せられている世界の外側にいる人々、みんな自分のしたい事を楽しんでる。

動画ネタのためではなく、誰かに自慢するためでもなく、自分のお金で自分でしたい事を実現させてるんだと思うよ。

時々、日本の暮らしの基準を無にして本当の世界を目に入れると、盗みで必死に小銭を稼いでお金を使う愚かさに気付くことができるかもしれない。

日本のテレビは他人アピールを煽って使わせる側だから、言わない事。

今、キミが目を付けているソレ、盗んでまで欲しかったっけ?

うん、そういうことだよ。

クロスバイクと外出を楽しもう

有る=1時間くらいどこかへお出掛け

サイクリングや通勤に使える物を1~2ヵ月に千円~5千円、何かを買ってもいいんじゃない?

あれこれ考えてみるのもいいのではないでしょうか? ( *´艸`)

広告 

定番系の買い物

直球の買物。
アマゾンという便利サイト。

マイナー系の買物

掘り出し物発掘所。
自由に探す新アイテム。

サイクリングナビ

ロードもクロスもママチャリも。
自転車+自分のサイクリング。

登山初心者ナビ

踊らされない自分の旅。
絶景歩きの登山トレッキング。