輪行袋解説 オーストリッチ L-100 収納前編

自転車メンテ・取付・調整手順

クロスバイク初心者ナビ

輪行袋解説 オーストリッチ L-100 収納前編

電車で降りた先からクロスバイクで走れたらいいなぁ~』そういう想いから輪行について調べ始めたクロスバイク初心者ナビの主人公さん。

あれこれ調べた結果、輪行可能状態への準備としてエンド金具チェーンカバーの準備を進めていました。

今度は自分のクロスバイクを包み込んでくれる輪行袋そのものを買わなければなりません。

ではでは本題へ。

このページのお話

輪行袋・輪行バッグを買う時の選び方
最終的にオーストリッチのL-100を買う
ジャイアントのエスケープが入った

輪行袋 輪行バッグ クロスバイク ロードバイク 輪行袋 輪行バッグ クロスバイク ロードバイク
広告 

輪行袋、どれなら入るのかな?

考えてもわからないので、えいっと買おうと考えた

メインになる「輪行バッグ輪行袋)」ですが、クロスバイクが入るのはどれなのだろう?

クロスバイクが普及し始めた頃のお話。ロードバイクとマウンテンバイクの合いの子にあたるクロスバイクでは、「クロスバイク専用」という専用設計のアイテムはありません(でした)。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶輪行バッグ
[密林]▶輪行袋

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶輪行バッグ
[楽天]▶輪行袋


そんなわけで、輪行バッグ(輪行袋)…イマイチどれがいいのかわかりません。ポイントは「携行の妨げにならないコンパクトな輪行袋」。そして、「クロスバイクをキチンと覆い隠せる輪行バッグ」。この2点です。

クロスバイク初心者ナビの主人公さんは「電車に載せることさえできればいい」と、そんなに立派なケースを求めているわけではありません。

ようやく絞り込む事が出来たのは、オーストリッチというメーカーの「ロード220」と「SL-100」と「L-100」。

■「ロード220」…エンド金具付きだけど、ロードバイク用。
クロスバイクはMTB系のハンドルのため、選択を回避。

■「SL-100」…税込定価 8610円。(当時の定価)
クロスバイクも入るロードバイク・マウンテンバイク両用の輪行バッグ。重さはなんと200グラム!

■「L-100 輪行バッグ超軽量型」…税込定価 6195円。(当時の定価)
「SL-100」の超軽量型輪行バッグで、235g。価格も収納サイズも選考上ベスト。

気になる輪行バッグ(輪行袋)は「SL-100」と「L-100」。収納上のコンパクトさ、価格…「あったらいいなぁ」という段階での輪行バッグ(輪行袋)購入を検討している主人公さんにとって、「L-100」が一番相性が良さそうです。

クロスバイク用品かんたん検索

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶オーストリッチ+輪行
[密林]▶タイオガ+輪行

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶オーストリッチ+輪行
[楽天]▶タイオガ+輪行


輪行用品・保護バッグ探しのポイント

輪行袋で一番メジャーなのはオーストリッチというメーカー。

ニッチでマニアックなジャンルの商品なので、そうそう他社の新規参入もなく、商品もモデルチェンジを繰り返して買い替えさせる手法を取らないので一定の品質・サイズ感を感じる良心アイテム。

その他タイオガ、ドッペルギャンガー、モンベル、グランジ、ギザなどのアウトドアメーカーが輪行バッグを出しています。…が、オーストリッチの商品の中から選ぶ感じで良いような気がします。 (;・∀・)

というわけで、オーストリッチのL-100輪行バッグ超軽量型×ジャイアントのエスケープ(クロスバイク)の利用例を解説していきます。


オーストリッチ L-100 輪行バッグ 超軽量型

とってもコンパクトな輪行バッグ

超軽量版のL-100はとてもコンパクトなサイズに収納することができます。軽量なうえにドリンクホルダー(ボトルケージ)にも自然に納めることができるので、収納・携帯や携行性は抜群です。

オーストリッチ 輪行袋 L-100 オーストリッチ 輪行袋 L-100
オーストリッチ輪行袋 L-100
ストラップでぎゅっと収納

さっそく輪行袋L-100にクロスバイクを収納する手順を解説していきましょう。


クロスバイク×輪行袋L-100収納手順

ハンドル周りの付属品を取り外す

輪行バッグ(輪行袋)に収める際には、車体はひっくり返した状態になるので、破損や脱落・紛失を防ぐためにもサイクルコンピュータやヘッドライトは取り外しておいた方が無難です。

ハンドル クロスバイク ハンドル クロスバイク
いろいろ付いてるハンドル部
ライトサイコンを外した

エンド金具を準備する

L-100では別売りとなる「エンド金具」を準備します。
エンド金具の使い方のページ を参考に、1~2分ですが、現場で組み立てましょう。

輪行袋 エンド金具 輪行 エンド金具
輪行袋とエンド金具
カチャカチャ完成

エンド金具はフレームの先端部分を守るプロテクター。
特にリア(後輪)はあった方が安心できます。

<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶リア用エンド金具
[密林]▶フロント用エンド金具

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶リア用エンド金具
[楽天]▶フロント用エンド金具


クロスバイクの前後の車輪を外す

クロスバイクを解体していきます

輪行 クロスバイク ロードバイク
リヤタイヤを外しましょう

写真ではすでにエンド金具を付けてエンド金具によって自立させる使い方をしてみています。

輪行バッグ(輪行袋)に入れる時は エンド金具は車体斜め上方に向けて取り付け ます。


クロスバイクのリアタイヤの着脱方法ページを参考に後輪を外しましょう。

輪行 エンド金具 輪行 エンド金具
下向きではなく…
上向きで噛ませる

エンド金具の解説ページでも紹介しているのですが、 輪行バッグ(輪行袋)L-100に入れる時のエンド金具の設置方向は上の写真のように取り付けるのが正解です。

また、フロント(前輪)用のエンド金具も販売されていますので、気になる方はGET。

チェーンカバーで汚れ箇所を覆う

後輪を外したらチェーンカバーを取り付けておきましょう。ここでは リアタイヤのスプロケットに被せるフリーカバーと、クランクのスプロケットからリアディレイラーまで伸びるチェーンを覆うチェーンカバーを取り付けます。

オーストリッチ フリーカバー 輪行 タイヤ
ギアカセットにフリーカバーを装着

ちょっとしたモノはケチるかどうか考えてしまうトコロですが、あるとすっごく便利なんです。

買うかどうか迷ったら買うことをお勧めします。


チェーンカバー 輪行 クロスバイク ロードバイク
チェーンにチェーンカバーを装着

クランク周りを覆ってくれる チェーンカバー 。

手頃な価格で最大の効果をもたらしてくれるコストパフォーマンスに優れたアイデア商品。



フロントタイヤも外しましょう

輪行袋の中には下のような状態で収納されるので、前輪タイヤも外します。

輪行 クロスバイク ロードバイク
フロントタイヤも外す

カタツムリのようなフォルムですが、最終的に写真のような形で輪行バッグの中に納まります。

クロスバイクのフロントタイヤの着脱方法ページを参考にフロントタイヤを外しましょう。



ようやく登場する輪行袋L-100

輪行バッグには前後タイヤを外して収納する

以上の順番で準備を整えたらいよいよ輪行バッグ(輪行袋) L-100 を袋から取り出して広げましょう。ナイロンの袋は風に飛ばされ易いので、無くならないようにカバンやポケットに入れておきましょう。

オーストリッチ チェーンカバー 輪行 クロスバイク ロードバイク
輪行バッグ(輪行袋) L-100

輪行バッグ(輪行袋)L-100はナイロンケースのほかに、輪行バッグ(輪行袋)への自転車の入れ方を書いた小さな説明メモとタイヤとフレームを固定するバンド(下写真の三本)、肩にかけるためのストラップが付属しています。


オーストリッチ フリーカバー 輪行 クロスバイク ロードバイク オーストリッチ フリーカバー 輪行 クロスバイク ロードバイク
輪行袋と解体中の自転車
付属のストラップ類

一応、クロスバイクを輪行バッグ(輪行袋)に入れる説明の書かれた一枚の簡易的な図解メモ(説明書)があるのですが、やっぱりわかりにくい。 ( ;∀;)

L-100を購入する人のために、次のページで写真解説していきます。


輪行用品はまとめてお取り寄せしておきましょう

エンド金具&輪行袋はこんな感じ

輪行や輸送・保管で活用できる輪行用品たち。
どういう状況か、イメージしてみてください。

輪行 クロスバイク ロードバイク
フェリーや電車で旅可能

写真は輪行バッグに自転車を入れている途中の一コマ。

硬い地面の上でも重要パーツを破損させないエンド金具と、油汚れをあちこちに付着させないチェーンカバーで輪行袋に収納しています。


<アマゾンで検索した場合>

[密林]▶チェーンカバー
[密林]▶エンド金具
[密林]▶輪行バッグ
[密林]▶輪行袋

<楽天市場で検索した場合>

[楽天]▶チェーンカバー
[楽天]▶エンド金具
[楽天]▶輪行バッグ
[楽天]▶輪行袋

全部調べて考えて自分で買ったアレコレのお話。
輪行用品メーカーさんのステマじゃありません。 ( ˘ω˘ )


定番パーツや消耗品は何年待ってもほとんど価格は変わりません。

普段利用する使いやすいネットショップや、価格や送料など比較・検討して、早い時期から思い切って導入し、その後の乗り心地の良い状態を長く楽しんでいく方が、考えて悩んで買わない時間より有意義なクロスバイク生活になりますよ~。


別章もチェック!(^_-)-☆

クロスバイク初心者入門知識 INDEX

クロスバイク未経験者向け
購入前の半スポーツ自転車入門知識章。

自転車用品経験談&選び方 INDEX

自転車でいろいろしたい人向け
明るいライトやお尻の痛み等の経験&解説章。

広告 

かちゃかちゃ取付第二章 ( ˘ω˘ )

定番系の買い物

直球の買物。
アマゾンという便利サイト。

マイナー系の買物

掘り出し物発掘所。
自由に探す新アイテム。

サイクリングナビ

ロードもクロスもママチャリも。
自転車+自分ライフロードマップ。

こっそりお知らせ

2017年8月からこっそり新しいスタイルに入れ替えています。